オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

新規で印刷スタイルを作成する手順

図面を印刷する為の設定には色が大きな役割を担っている事と、色ごとの印刷設定を調整する為の印刷スタイルを管理。
前回はそのあたりの設定について具体的な説明をしてきました。

ただ、前回紹介した手順というのは、既に存在している印刷スタイルを編集して微調整をしていくやり方です。
実際に仕事をしていると、恐らく既に存在している印刷スタイルを編集する機会の方が多いはずなので、そのやり方を先に説明した訳ですが…

0から新しい印刷スタイルを作成したい、という場合もあるはずなので、今回はその具体的な手順についても説明していく事にします。
まずは前回と同様に「印刷スタイル管理」をクリックして「Plot Styles」というフォルダを表示させましょう。

PlotStylesフォルダを表示

ここで表示される印刷スタイルは今まで設定してきた内容によって違うはずですが、「印刷スタイルテーブルを追加ウィザード」という項目は必ずあるはず。
今回はこれをダブルクリックすると、下図のように「印刷スタイルデーブルを追加」というダイアログBOXが表示されます。

印刷スタイルデーブルを追加

ここでは色々説明があるのでざっと読んで「次へ」をクリックです。

ゼロからスタートを選択

ここで幾つかの選択肢があって、既に存在する印刷スタイルから新しい印刷スタイルを作成する事も出来るようですが、今回は「ゼロからスタート」を選択して「次へ」です。

色従属印刷スタイルテーブルを選択

そうすると上記のような表示が出るので、ここでは「色従属印刷スタイルテーブル」を選択して「次へ」をクリックしましょう。

印刷スタイルに名前を付ける

ここで今回作成する印刷スタイルに名前を付ける事が出来るので、分かりやすい名前を付けておきましょう。
今回は「印刷設定A」という、お世辞にも分かりやすいとは言い難い名前にしました。

印刷スタイルが作成された状態

これで「印刷設定A」という印刷スタイルが作成されました。
…が、まだ色ごとの設定を全くしていないので、上図の画面から「印刷スタイルテーブルエディタ」というボタンをクリックしましょう。

印刷スタイルテーブルエディタ画面

そうすると上図のように印刷スタイルテーブルエディタ画面が開くので、それぞれの色ごとにどんな印刷結果にするかを細かく設定していきます。
このあたりからは前回紹介した印刷スタイルの調整方法と同じですね。

細かい設定が完了したら「保存して閉じる」をクリックすれば、先ほど作成した「印刷設定A」という印刷スタイルが調整されて操作は完了です。
あとは実際に印刷をする際に、今回作成した「印刷設定A」という印刷スタイルを使ってみて、印刷結果を確認してみる事が重要です。

恐らく各色ごとの細かい設定を1回やっただけで完璧な印刷結果が得られる事はないはず。

なので、実際に作成した印刷スタイルを使って印刷をやってみて、その結果を見てさらに微調整という手順を何度か繰り返す事になると思います。
そうして納得の出来る印刷結果が得られるようになったら、その印刷スタイルは完成という事になり、後は印刷の都度そのスタイルを選択するだけでOKです。

微調整して自分の納得がいくくらいまで印刷スタイルを作り込むまでには少し時間がかかりますが、そこまで出来てしまえば後は特にやることがありません。
そうなったら毎回調整が完了した印刷スタイルを使って印刷をするだけですから。

その後も「やっぱり色番号140番をカラー印刷出来るようにする」などの微調整があるかも知れませんけど、色番号1番~10番程度までの設定はもう固定になるはずです。
最初に設定を決めるまでには何回か試し印刷が必要にはなりますが、それ以降は特に大きく手間のかかる作業はありません。

関連記事

  1. 用紙サイズの考え方
  2. 印刷時の設定項目
  3. 用紙サイズを絞り込み
  4. 周囲と合わせる必要もある
  5. ビューポートの調整方法
  6. 印刷スタイルの設定