オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

モデル空間とペーパー空間の切り替え

前回はオートキャド(AutoCAD)が用意してくれている便利な機能として、ペーパー空間という概念があることを紹介しました。
最初の頃は少しややこしく感じてしまうと思いますが、実際に使ってみるともう「これなしでは作図出来ない」というくらい便利な機能に感じるはずです。

今回はモデル空間とペーパー空間の違いについて、その切り替え方法につて、その設定について、もう少し具体的に説明してみたいと思います。

モデル空間とペーパー空間の切り替え

モデル空間では、作図対象をそのままのサイズで、用紙に入りきらないサイズである場合がほとんどではありますが作図をしていく。
そしてその内容をA1サイズなどの図面に納める為に、ペーパー空間上で抜き出しつつ縮小表示して図面としてまとめていく。

これが基本的なオートキャド(AutoCAD)での作図手順になります。
こうした手順で図面をレイアウトしていく事で得られるメリットは幾つかあります。

・作図対象を分割図面として表現する場合でも、モデル空間では分割する必要がない

・異なる縮尺の図面を同じ図面内に表現するのが非常に楽

これらのメリットは非常に強力で、もうペーパー空間がない場合はどうやってCADで作図していけば良いのか分かりません。
少し盛っている感もありますが、ペーパー空間の機能はそれくらいの存在になると思います。

オートキャド(AutoCAD)の画面でモデル空間とペーパー空間を切り替えたり、新しいペーパー空間を作成したりするには…
とにかく画面下のタブに注目します。

モデル空間タブとペーパー空間タブ

上図では「モデル」というタブと「50」というタブ、そして「レイアウト1」というタブが作成されているのが分かります。
この中で「モデル」というタブがモデル空間になっていて、それ以外の「50」と「レイアウト1」がペーパー空間という事になります。

作図する為に用意されているモデル空間はこの「モデル」タブ一つだけで、名前を変更することも出来ない状態になっています。
これはモデル空間とペーパー空間の考え方からすると当然で、作図する為の空間を自由に増やせたりしたらもう収拾が付きません。

なのでモデル空間は一つだけで固定です。
その代わり、モデル空間で作図した内容を抜き出して配置する為に用意されているペーパー空間は、自由に増やす事が出来るし、名前も自由に付ける事が出来ます。

上図で紹介したペーパー空間の名前が「50」と「レイアウト1」では全然分かりにくいので、実際にはもっと分かりやすい名前を付けて管理していきます。
「レイアウト1」ではどんな図面なのかが分からないので、「平面図1」とか「断面図1」などの具体的な名前が良いでしょう。

ただ、ペーパー空間を増やしていくとタブは右側にどんどん追加されていきます。
あまりにも長い名前を付けてしまうと、たくさんのタブを同時に表示する事が難しくなってしまうため、出来ればタブの表示名はシンプルな方が良いと思います。

このあたりの話はバランスが難しいところでもありますが、私の場合は図面枠の中に表示している「A-101」などの図番を記入する事が多いです。
図番が表示されているだけではどんな図面なのかが分かりにくいので、その後にもう少し補足として図面名を記入する場合もあります。

そのあたりはもうケースバイケースという感じです。

ペーパー空間をたくさん作らない図面データであれば、少し補足を記入した方が分かりやすくて、結果的に管理がしやすくなるかも知れません。
タブの名前に単なるアルファベットと数字の組み合わせが表示されているだけだと、作図をしている自分以外には分かりにくいですから…

関連記事

  1. ビューポート機能の復習
  2. 印刷結果と色の関係
  3. 印刷時の設定項目
  4. ペーパー空間の考え方
  5. 印刷時の設定項目
  6. 周囲と合わせる必要もある