オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

印刷スタイルとは何か

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を印刷する際には、その要素が何色なのかによって印刷結果が変わってきます。
そして、該当する色をどのような設定で印刷するのかを調整していく役割を持っているのが「印刷スタイル」と呼ばれる設定です。

今回はそんな「印刷スタイル」の設定について色々と説明していこうと思います。

印刷スタイルを作成したり編集したりするには、まず画面左上にある「A」をクリックして表示される「印刷」項目を開きます。

印刷項目を開く

印刷項目を開くと表示される上図のようなメニューを少し下にスクロールすると「印刷スタイル管理」が表示されるのでそこをクリックします。
そうすると「Plot Styles」というフォルダが開き、そこに色々な印刷スタイルファイルが保存されている事が分かります。

色々な印刷スタイルファイル

上図は恐らくオートキャド(AutoCAD)が初期設定として用意している印刷スタイルばかりだったと思います。
自分で色々な印刷スタイルを作成していくと、この画面に自分で作った印刷スタイルが表示されるようになり、少しずつ数が増えていく事になります。

元々用意されている印刷スタイルを編集する場合には、それぞれの設定をダブルクリックする事で以下のような画面が表示されます。

印刷スタイル設定画面

上記画面では、左側にオートキャド(AutoCAD)で設定する色の種類が表示されていて、右側にそれぞれの色での設定が表示されています。
上図では「A3.ctb」という印刷スタイルを編集していて、色は1番、つまり赤色の細かい設定が表示されています。

・色はBlack(黒)で印刷

・濃淡度は100(つまり100%の濃さで印刷するという意味)

・線の太さは0.05mmで印刷する設定

という設定である事が上記の画面からは読み取る事が出来ます。
この状態から、画面左の「印刷スタイル」という項目から12番の色を選択してみると、設定が少し変わっている事に気がつくと思います。

12番の印刷設定

・色はオブジェクトの色(つまり今回の場合は赤系の色)で印刷される

・濃淡度は変わらず100のままとなる

・線の太さは0.1mmになっているので、先ほど紹介した赤色よりも少し太め

といった設定をそれぞれの色事に細かくやっていき「保存して閉じる」をクリックすると、設定した項目が印刷スタイルファイルに保存されます。

オートキャド(AutoCAD)には1番から255番までの全255色が用意されていて、それぞれの色で細かく設定していく事を考えると…
かなりの手間であるような気がしてしまいますが、実際に細かく設定が必要なのは1番から10番程度までになると思います。

それはなぜかというと、オートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく中で、使い分ける色はそのあたりまでで済んでしまうから。
そこまでの色について細かく設定を検討しておき、それ以降の色は皆一律の設定にしてしまっても、きっとそれ程不便ではないはずです。

もちろんそれ以降の色でも設定する事は自体は可能です。
でも下記の色区分を見て頂ければ分かるように、言ってしまえば「似たような色ばかり」なので、細かく使い分ける意味がそれ程ないんですよね。

オートキャド(AutoCAD)の色一覧

どうにも暗すぎる…みたいな色が半分くらいあって、オートキャド(AutoCAD)の画面上では全然目立たなくて使えないし。
という事で、それぞれの色ごとにどんな印刷結果を期待するのかを考えながら調整していき、その設定が完了したら「保存して閉じる」をクリック。

これで印刷スタイルの設定操作は完了です。

関連記事

  1. 用紙サイズの考え方
  2. 実際に使うプリンタは限られる
  3. 作図した図面のチェックは必須
  4. 図面チェックの重要性
  5. 印刷関連機能まとめ
  6. 評価と収入を高めるため