オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロックを作成する手順-2

前回はAutoCAD(オートキャド)でブロックを作成する具体的な手順について、まずは名前を決めて基点を指定するところまで説明をしました。
具体的に説明しておきながら、色々な考え方があるという話をするのも変な話かも知れませんが…

ブロックの名前をどう付けるのかとか、基点をどう設定するのかについては、特に「これが正解」というものがある訳ではありません。
あくまでも使いやすさを考えて色々と試してみた結果として、そうした選択肢が良いのではないか、という話です。

そうした選択肢を実際に色々試してみて、作図する側として「これが便利だと思う」というやり方を見つけるというのがベストではないかと思います。
基点については、中央も中央左端も中央右端も、実際にやってみるとそれほど使い勝手は変わらないはずですから。

ただ、ブロックにする要素から大きく離れた位置を基点に設定してしまうと、後々の管理などが難しくなるので避けた方が良いです。
前回説明した時に少し表現として出てきた「変なポイントだと困る」とは、そうした基点の事を意味しています。

やり方は全部自由という訳ではなく、ある程度適切な候補の中から選ぶ、というようなイメージですね。
今回は引き続きブロック作成の手順についての話で、オブジェクトを選択するところから話を始めたいと思います。

前回の説明では、ブロック定義ダイアログBOXで、ブロックの名前を入力して基点を指定したところまで話が進んでいます。
今回はオブジェクトの指定という事で、画面中央の「オブジェクト」という項目に注目してみましょう。

オブジェクト項目

ここではブロックにしたい要素を指定するという事で、上図の赤く囲ってあるカーソルみたいなボタンをクリックします。
そうすると以下のような表示が出ます。

BLOCK オブジェクトを選択:

一時的にダイアログBOXが非表示になり、画面上からブロックにしたい要素を選択する事が出来るようになります。
ここでブロックにしたい要素として、今回は椅子を構成する要素を全て選択して「Enter」を押すと…

オブジェクトが選択された状態

すぐにブロック定義ダイアログBOXに戻ってきました。
上図を見て頂くと、ブロックにする為に選択した要素の数がいくつなのか、という表示が追加されているのが分かります。

今回はそれほど多くない要素数ですが、細かいブロックだったり大きめのブロックだったりするとこの数がかなり多くなります。
もちろんオブジェクトの数はいくつでもOKなので、自分が指定したオブジェクトの数と大きく違わないかだけを確認するだけで大丈夫です。

あとは「オブジェクトを選択」の下側にある設定です。
ここではブロック作成コマンドを実行した後、今指定した要素をどう処理するかを決める事が出来ます。

・保持 → ブロック作成コマンドの後も指定した要素はそのままになります

・ブロックに変換 → 指定した要素をブロックに変えます

・削除 → ブロック作成コマンドの後は、指定した要素を削除してくれます

ちょっと極端な選択肢ではありますが、どの設定も使いどころはあるので、状況に応じて使い分けていくと良いです。
迷ったら「ブロックに変換」が無難だと思います。

「削除」に設定をすると、ブロック作成の際に選択した要素が全部消えてしまうので困る気もします。
でも、選択されなかった要素は消えずに残るので、選択もれがなかったかを確認するのに便利だったりします。

ブロック作成要素の選択忘れは結構あるので、私はこれをよく使います。

関連記事

  1. ブロック挿入の手順
  2. ブロック書き出しの手順
  3. ブロック機能のまとめ
  4. ブロック定義コマンドの手順
  5. ブロック機能のまとめ
  6. ブロック名の付け方について