オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロックという機能

オートキャド(AutoCAD)には様々な便利機能が用意されていて、そうした機能を使いこなす事によって作図が円滑に進みます。
以前のカテゴリで紹介した外部参照機能なども非常に便利な機能なので、ぜひ使いこなして作図・修正の効率化を進めて頂ければと思います。

このカテゴリで紹介するのは「ブロック」という機能。

このブロック機能は、使い方によっては大きく作図の効率化を図る事が出来るという、かなりの可能性を秘めた便利な機能です。
ただ、確かに便利ではある反面、少し動きが分かりにくい部分もあったりして、しっかりと操作を把握しておきたい機能でもあります。

と言うことで、今回はブロック機能の考え方や具体的な操作手順などについて、出来るだけ分かりやすく説明をしていこうと思います。
まずはブロックという機能の概念から。

ブロック機能

ブロックとはなにかと言うと、オートキャド(AutoCAD)の図面内にデータとして登録される図形の塊の事を指しています。
ブロックを構成する要素は一つの要素でも複数の要素でも良くて、それは自分で細かく指定していく事が出来ます。

また、そうして作成したブロックには自分で分かりやすい名前を付ける事も出来ます。
自分で登録したブロック名を指定する事で、何もない状態からあらかじめ作成した図形の塊をすぐに呼び出すことも可能。

しかも複数の図形がブロックとしてひとつの要素に登録されている為、消したり移動したりなどの操作をする際に、オブジェクトの選択が1クリックで済みます。
こうする事によって、選択もれなどの人為的なミスを減らす事が出来て、データ的な取り回しも非常に楽になります。

ちょっと褒めすぎているような気もしますが、ブロックというのはもう本当に便利としか言いようがない機能なんです。
本当に便利だからこそ、当サイトを読んでいる方にも、ぜひこのブロック機能の便利さを味わって欲しいと思っています。

ただ、メリットとデメリットは表裏一体という場合もあって、ブロック機能もその例に漏れず便利だと思う部分が逆に欠点でもあったりします。
複数の要素がひとつのブロックとして登録される事になる訳ですが、どこまでがひとつのブロックとして登録されているかが分かりにくいという意見も時にはあります。

ブロックを消したつもりがなくても、気付かないうちにブロックを消してしまい、図面内の要素がごっそりと消えてしまったり。
そんなびっくりするような状況が時にはあったりしますが、やはりこれはブロックという機能が持っている特徴があるからこそだと思います。

また、ブロックはひとつの要素として認識されるけれど、その場合画層や色を変えたい場合はどうすれば良いのか…
というような事が気になったりもします。

これもブロック機能が「複数の要素がひとつのブロックとして認識される」という特徴から来ていて、ひとつの要素として認識されるからこそ便利な場合もあります。
だからこうした欠点は表裏一体というしかなく、その特徴をしっかりと押さえて便利に使っていきたいところです。

このあたりの話は少しあら探しをしているような雰囲気もありますが…

自分のやり方とは違う方法で作図している方が作図した図面などでは、やっぱりどのようにブロックが使われているか読めない場合もあるんです。
実際のところ、仕事でそのような失敗をした事もあるので、私としては「あまりにも細かい部分を考えすぎている」とは思いません。

なので、ブロックという機能の特徴をしっかりと押さえて、他の方が作図した図面を開くときにある程度ブロックがどうなっているかを知っておく。
そんな知識があれば便利ではないかと思います。

関連記事

  1. 共通で使えるブロック
  2. ブロック書き出しによって綺麗なデータにする
  3. ブロック定義コマンドの手順
  4. ブロックがどこに保存されるか
  5. ブロックエディタによる編集
  6. ブロックの保存場所