オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

データのバックアップについて

前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。
最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。

しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき、最終的には「まだそのバージョンですか…」という状態になる危険性もあります。
オートキャド(AutoCAD)LTの契約をする事を考えると、月額5千円程度の出費になる訳で、それで新しいバージョンを使えるのは大きい。

もしその月額5千円を「ちょっと高いな…」と感じるようであれば、オートキャド(AutoCAD)を使った仕事を継続するのは難しいかも知れません。
やっぱり毎月固定で出て行く金額というのは落ち着かないものがあるので、そうした固定出費を減らしたいと考える気持ちがあるのは分かりますが。

プロとして仕事でオートキャド(AutoCAD)を使うのであれば、ある程度のコストは受け入れた方が良いのではないかと思います。
仕事をしていると時々「2000バージョンで保存したデータを送って欲しい」と言われる事がありますけれど…

それを聞くと、15年以上前のバージョンを使って仕事をしている感覚が上手く掴めなくて、私はどうしても少し戸惑ってしまいます。
もちろん考え方はそれぞれなので、私がどうこう言うべき事ではないですけど。

さて、そんなオートキャド(AutoCAD)のバージョンについての話はこのくらいにしておき、今回は作図したデータを保護する事について考えてみたいと思います。
タイトルでも書いているように、作図した図面データをどのようにバックアップしていくのか、という話です。

データのバックアップについて考える

まずは作図した図面が「dwg」という拡張子を持ったデータで管理される事についてですが、これ自体は非常に便利なやり方である事は間違いありません。
仕事をしている相手に図面をメールで送る事が出来るし、簡単にデータをコピーして別の図面として編集をする事も出来る。

そうした自由度の高さこそが図面をデータで管理する事の大きなメリットで、これは紙ベースの図面では考えられなかった事です。
ただ、非常に良い側面がある事には、それと同じくらい良くない側面があるもので…

図面をデータで管理する場合の大きな問題点は「パソコン内部の問題でデータが破損する可能性がある」という部分にあります。
これはそんなに頻繁に起こるような事ではありませんが、パソコンが壊れて起動しなくなった、という経験を持っている方は結構いるのではないでしょうか。

そうした場合に、パソコン内部に保存してある図面データが全て壊れてしまい、二度と開けなくなってしまうという危険性があるんです。
それを「滅多にない事だから」という感じで、その危険性を無視していると、いつか非常に痛い目にあってしまう可能性が高いです。

パソコンはいつか壊れるものだというのは間違いのない事実で、オートキャド(AutoCAD)を使った仕事はずっと続けるものです。
それを考えていくと、いつか仕事をしている時にパソコンが壊れてしまう、という事はかなり現実としてあり得る話に感じるはずです。

かなり低い確率ではあるものの、そうした状況になる事が現実としてあり得る。

という事を意識していくと、オートキャド(AutoCAD)で作図した図面データを保護しておく必要があるのではないか、という結論になる。
その為の具体的な方法については次回に取り上げますが、まずはこうしたデータで管理するという事の危険性について意識してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. DXFデータ変換
  2. パソコンによって絶対パスは違うので…
  3. 古いバージョンが常に良い訳ではない
  4. データ形式の違い
  5. 自動保存ファイルからのデータ復旧
  6. dxf変換の問題点