オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

外部参照が切れている場合の対処

外部参照している図面の保存場所、パスを「絶対パス」から「相対パス」に変更する為のやり方を前回は紹介しました。
相対パスを指定する際には、先ほども書きましたが「今作図している図面」を保存しているフォルダにある程度近い場所が良い。

そんな話を前回はしましたが、それはなぜかというと、あまりにもフォルダが遠い状態だと相対パスにする意味が全然ないからです。
例えばZドライブ内で作図している図面に対して、Dドライブ内にある図面データを外部参照した場合などもあるとは思いますが…

もうパスの関係というか、ドライブ自体が違うので、この関係ではそもそも相対パスに設定する事が出来ません。
私も説明用に外部参照しながら「相対パスへの変更はこうやります」と書いたものの、実際に全然出来なくて少し困りました。

しかしデータの関係を調べてみたら、解説用の図面がその時はたまたまデスクトップに保存されていて、そこからDドライブの図面を外部参照していたからでした。
デスクトップのパスは基本的にCドライブなので、そもそも相対パスの関係が不可能な状態だったという事です。

これは相対パスの機能というか概念を考えてみると、なぜ相対パスに設定出来ないかは分かってくるのではないかと思います。
結局この関係であればDドライブから始まる全部のパスが必要で、それはつまり絶対パスと同じになるという事ですから。

絶対パスにしても相対パスにしても、パスの設定が上手くいかないと外部参照している図面は表示されなくなってしまいます。

パスの設定が上手くいかない要因としては、以下の原因が考えられます。

・絶対パスで指定しているフォルダが存在しない

・相対パスで指定しているフォルダが存在しない

・外部参照する図面のファイル名が違っている

そうなると、オートキャド(AutoCAD)の図面を開いた時にこのような画面が表示される事になって、少し鬱陶しいです。

外部参照が切れている場合

ここで「参照ファイルの場所を更新する」を選択して、新しい外部参照先を指定する事も出来ます。
しかし「なんだかよく分からないな…」と思って「見つからない参照を無視して続ける」を選択すると、オートキャド(AutoCAD)の画面上にこのような表示が出ます。

外部参照が見つからない表示

これは絶対パスで外部参照先が見つかっていない事を意味していて、こうした表示が出るのも結構目障りに感じてしまいます。
この状態で外部参照パレットを開くと、やはり「外部参照先が見つからない」というような雰囲気が出ています。

見つかりませんの表示

この状態で外部参照を元に戻すには、参照名「別のファイル名」をクリックした際に、パレットの下側に表示される「保存パス」まで画面をスクロールして…

保存パスまで画面をスクロール

「保存パス」の右側にある「…」をクリックすると、改めて外部参照のファイルを選択する画面が表示されます。

外部参照ファイルを改めて選択

今回の場合は「別のファイル名55.dwg」という名前に変わってしまった為に、図面ファイルが見つからず外部参照が出来ていなかったようですね。
ここで改めて「別のファイル名55.dwg」を選択して「開く」をクリックすれば外部参照の関係は元に戻ります。

今回はわざとファイル名を変えて外部参照が切れるようにした訳ですが、実際には色々な要因で外部参照が切れる可能性があります。
そんな時には、図面ファイル名が変わっていないか、フォルダ構成が変わっていないかを確認しつつ、新しい関係で指定しなおしてあげればOKです。

ただ、自分以外の方には問題なく外部参照が表示されていた場合、改めて外部参照データを指定する事によって、逆に自分以外の方が外部参照の表示がされなくなるという危険もあります。
なので今回紹介したやり方は、周囲に確認してからの方が良いと思います。

関連記事

  1. データ関連機能まとめ
  2. 定期的なバックアップ
  3. dxfデータの読み込みと書き出し
  4. たくさんある設定を整理
  5. データ形式の違い
  6. 設定の数が多すぎると不便