• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

外部参照のパスを変える方法

外部参照パレットに表示されている色々な項目がどのような役割を持っているのか、というあたりの話を前回は取り上げてみました。
意外にたくさんの項目があって戸惑うかも知れませんが、実際にはそこまで複雑な項目はないので、割とすんなりと覚えられると思います。

今回は最後に残った外部参照パレットの項目「保存パス」について考えてみたいと思います。
外部参照のパス設定「絶対パス」と「相対パス」の違いは以前も説明しましたが、今回はこの外部参照パレットでパスの切り替えをする方法を紹介します。

まずは外部参照パレットがどんな状態になってるかを確認してみましょう。

は外部参照パレットの状態

保存パスとして「D:\cad\別のファイル名.dwg」という表示がありますが、この表示を見ると絶対パスの設定になっている事が分かります。
Dドライブ内にある「cad」というフォルダに入っている「別のファイル名.dwg」という図面データを外部参照します、という設定です。

これは私のパソコン内にあるDドライブに自分で「cad」というフォルダを作成して、そこにデータを保存したのでこのような表示になっています。
しかしこの状態で保存されたデータを相手にメールで送付した場合の事を考えると…

メールを受け取った相手が図面データを保存する場所は、一時的に保存するという意図でデスクトップになるかも知れません。
そうなるとここで設定された外部参照のパスは全然見つからない、という当たり前の結論になり、当然外部参照は上手く表示されない事に。

こうした状況は、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている方なら分かる「外部参照あるある」ではないかと思います。
図面を描いている誰もがDドライブにCADデータを保存する訳ではないし、フォルダ名も「cad」では全然漠然として良くないし…

という事で、出来れば外部参照のパスは「相対パス」に設定しておく方が良いのではないかと当サイトでは考えています。
外部参照のパスを絶対パスから相対パスに変更する方法は割と簡単で、参照名あたりで右クリックすると表示されるメニューの一番下にある「パス」という項目。

相対パスに設定を変更

その中にある「相対パスに変更」をクリックすればOK。

外部参照のパスが変更された

保存パスが「.\別のファイル名.dwg」という表示になりましたが、これは外部参照をした元の図面データがある場所と同じフォルダという意味があります。
外部参照した元の図面データというには今作図している図面の事です。

そのデータがあるフォルダに「外部参照」というフォルダを作成し、そこに「別のファイル名.dwg」を入れて外部参照した場合…
保存パスは「.\外部参照\別のファイル名.dwg」という表示になります。
何となく相対パス表示のルールは分かってきたのではないかと思います。

相対パスを指定する際には、先ほども書きましたが「今作図している図面」を保存しているフォルダにある程度近い場所が良いです。
例えば同じフォルダにあれば外部参照されるとか、その下に用意した「外部参照」というフォルダから外部参照するとか。

そのあたりが分かりやすいパスの関係になると思います。
こういう関係にしておけば、外部参照する図面とセットでデータを送って「二つのデータを同じフォルダに入れてください」と言えば、送られた側でも外部参照の関係は継続します。

外部参照している図面が表示されないという事は、つまり図面の中で何らかの情報が抜け落ちているという事を意味します。
それでは図面として不完全というしかない状態なので、こうした「外部参照が切れている」状態は避けるようにした方が良いです。

関連記事

  1. データ関連機能まとめ
  2. 名前を付けて保存も使いどころが重要
  3. 設定の数が多すぎると不便
  4. dxf変換の問題点
  5. アタッチとオーバーレイの違い
  6. たくさんある設定を整理

Warning: Undefined array key "show_share_hatena_postlist" in /home/users/1/mktt77/web/autocad/wp-content/themes/nzero/functions/social.php on line 94