オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

dxf形式への書き出し・読み込み方法

世の中に存在する様々なCADによって、作図するデータの形式は異なってきます。
これはCADを開発している企業が違っている為、そうした状態になるのは当たり前の話で、それを解消する為の「dxf」というデータ形式が存在している。
前回はそんな話を取り上げてみました。

どのCADにとっても「dxf」は書き出しも読み込みも出来るけれど、メインとしているデータ形式は別に存在している。
「dxf」というデータ形式は、あくまでも他のCAD同士でデータを読み込んだり書き出したりする為に用意された機能、という事ですね。

中間ファイルというのはそう言った意味があります。

世の中的にオートキャド(AutoCAD)といのはシェアが大きめのCADなので、時には「dwg」形式を直接読み込み+書き出しが可能、というようなCADも存在します。
高いシェアを持っているオートキャド(AutoCAD)との互換性がある、という事が売りになる訳ですから、結構大きめなシェアではないかと思います。

ただ、こうした「dwg」形式もOKというCADだけではないので、やはり中間ファイル形式である「dxf」を経由してデータを読み込んだりする作業はどうしても必要になってきます。
なので今回は、そんな「dxf」形式のデータを作成する方法と、逆に「dxf」形式のデータを読み込む具体的な方法を紹介していく事にします。

□dxf形式で図面を保存する方法

まずはdxf形式で図面データを保存するやり方ですが、画面左上にある「A」をクリックした際に出てくる「書き出し」という項目をクリックします。

書き出し項目をクリック

そうすると上図のように色々なメニューが表示されるので、その中から「名前を付けて保存」という項目をクリックすると…

名前を付けて保存項目をクリック

このように図面データを別名で保存する事が出来る状態になります。
しかし今の状態では普通に「dwg」形式で保存する事になるので、画面下側に表示されている「ファイルの種類」をクリックすると、色々なデータ形式を選択する事が出来ます。

DXFデータ形式を選択

dxf形式にも色々なバージョンがありますよね…
今回は一番新しめの「AutoCAD 2013 DXF」を選択してみると、以下のように保存できるデータ形式が「dxf」に変わりました。

保存ボタンをクリック

この状態でダイアログBOX右下付近にある「保存」をクリックすれば、今現在の状態がdxf形式で保存されます。

ただ、今まで作図を進めてきたdwg形式の図面データは特に保存されないまま、現在の図面がdxf形式のデータに変わってしまいます。
これは少し危険な事なので、名前を付けて保存を実行する際には、元のdwgデータを上書き保存しておく事を強くお勧めします。

□dxf形式の図面を開く方法

反対に、dxf形式のデータを読み込む場合には、「開く」コマンドを実行して表示されるダイアログBOXで「ファイルの種類」をDXFに変更します。

開くファイルの種類を選択

この状態だとファイルを開く選択肢がdxfデータに変わるので、目的にdxf形式データを選択して「開く」をクリックすればOKです。

もしくは、普通にエクスプローラー画面を開いて、保存されているdxf形式の図面データをダブルクリックするやり方でもOKです。
自分で大きく設定を変えていない限りは、自動的にオートキャド(AutoCAD)でデータを開いてくれるはず。

基本的にdxf形式の図面を保存する場合でも、読み込む場合でも、操作自体は全然難しいところはないので簡単に感じると思います。
ただ、データ管理系のコマンドは失敗すると影響が大きいので、ここでは多少時間をかけてでも慎重な操作が求められます。

関連記事

  1. 他の図面を参照する機能
  2. 自動保存ファイルからのデータ復旧
  3. 自動保存機能の設定方法
  4. 外部参照のパスを変更する方法
  5. パソコンによって絶対パスは違うので…
  6. データ関連機能まとめ