• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

表示関連の機能まとめ-3

今回も引き続きオートキャド(AutoCAD)の表示系機能について簡単にまとめた内容を紹介していきます。

□UCSとWCS

オートキャド(AutoCAD)で作図をする為に用意されているモデル空間では、X方向・Y方向・Z方向それぞれの座標が設定されています。
CAD側があらかじめ用意している座標系を「WCS」と呼び、これはもう作図する側でどうこうする事も出来ない初期設定の座標系になります。

その一方で、作図する側が自由に設定出来る座標系も用意されていて、その座標系を「UCS」と呼びます。
初期状態では「WCS」=「UCS」になっているので、設定を変更しない限りは特に問題なく作図を進める事が出来ます。

しかし、例えば45°振った角度を標準の水平垂直に設定したい場合など、自分が作図したい基準ラインを変える際にはUCSを変えた方が便利です。
このよく分からないUCSを変更するのではなく、そのままの状態で作図した後で作図した要素を45°回転させるやり方でも作図は出来ます。

しかし両方のやり方を知っている私としては、UCSを45°回転させた後に作図をした方が楽だという事を知っているので、やはりUCSを変更する事をお勧めします。
ちょっと取っつきにくい機能ではありますが、使いこなす事が出来ればきっと作図の際に役立ってくれるはずなので、ぜひ挑戦してみて頂きたい機能です。

UCSの設定については今回そこまで詳しい説明が出来ていないので、いずれもう少し詳しく説明する事が出来ればと思っています。

□オブジェクト情報・プロパティ

オートキャド(AutoCAD)で作図した要素の情報を改めて知りたい、という状況は結構多いはずですが、そんな時に役立つのが以下の機能です。

・オブジェクト情報「LIST」コマンド

・プロパティ画面による確認(Ctrl+1)

いずれの方法でも、作図した線分などの細かい情報を知ることが出来るので、状況に応じて使い分けていくと便利です。

LISTコマンドはシンプルな機能で使いやすいですが、複数のオブジェクト情報を確認する際に少し煩雑になる傾向にあります。
プロパティ画面でもやはり複数の線分の長さを一度に計測する事は出来ませんが、複数のオブジェクトを選択して設定を変更する際にはこちらの方が便利です。

□距離の計測

オブジェクト情報を確認する機会が結構ある、という話を先ほどは紹介しましたが、二点間の距離を計測したい状況も結構あります。
そんな場合は以下のやり方で距離を計測すると便利です。

・「DIST」コマンド

・「MEASUREGEOM」コマンド

・寸法を実際に記入してしまう

どのやり方を選択しても距離を計測する事は出来るので、一度実際に試してみてしっくりくるやり方を選択するのが良いです。
私の場合は「DIST」コマンドを現在は使っていますが、恐らくもう少ししたらやり方を見直す事になると思います。

寸法を記入してしまうやり方は非常にシンプルで便利ではありますが、距離を確認した後でその寸法を消すという一手間をどう考えるかです。
消し忘れのリスクや消す手間などを考えると、個人的にはあまりお勧め出来ないやり方ですが…実際の業務では結構使う事があります。

やっぱり手軽な操作というのはそれだけで有利なものです。

オートキャド(AutoCAD)の表示系機能についてのまとめはこれで終わりです。
表示系の機能について詳しく知っていく事で、少しずつ作図がスムーズになっていくはずなので、ぜひ色々と試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 画層を印刷しない理由
  2. ZOOM機能のサブメニュー
  3. Bylayerの使いどころ
  4. UCSを回転させる意味とは
  5. フリーズ・ロック状態を元に戻す
  6. 再作図機能