オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

色の設定と印刷結果と

画層プロパティ管理画面ではそれぞれの画層毎に色の設定を変更する事が出来るので、出来るだけ見やすい適切な色設定が重要になってくる。
前回はそのような説明をしましたが、色の設定というのは何も画面上での操作のしやすさだけで決めるものではありません。

そのあたりの話を前回は説明出来ていなかったので、今回はオートキャド(AutoCAD)の色について少し追加で説明をしたいと思います。

まず、オートキャド(AutoCAD)で色を区分する意味が、画面を見やすくする事で操作性を高める事以外にあるのか。
…という話ですが、もちろん色の設定は画面上の話だけではありません。

以前も少し取り上げた通り、オートキャド(AutoCAD)での色は、完成した図面を印刷する際に重要な役割を果たすことになります。
もう少し具体的に言うと、図面を印刷する際に調整するのは「何色をどんな設定で印刷するか」という設定になっています。

前回取り上げた色の設定では、文字の色を8(グレー)から黄色に変更してみる、というような説明をしました。
しかしそうして画面上の見やすさだけを考えて色を変更すると、それによって印刷結果が大きく変わってしまう事もあるんです。

・8(グレー) → 太さ0.15mm+黒で印刷

・2(黄色) → 太さ0.25mm+カラーで印刷

例えば上記のような印刷設定になっていた場合。

画面の見やすさを重視して文字の色をグレーから黄色に変更した際に、文字はやや太めでなおかつカラーで印刷される事になります。
黄色をそのままカラーで印刷すると、紙の色は基本的に白なので、白地に黄色い文字という事になって全然読めない状態になってしまいます。

というのは少し極端な例ではありますが、各画層の色設定は単純に画面上での見やすさだけを考えれば良い訳ではない、という話でした。
画面上だけではなく最終的に印刷する事を意識しながら線の色を、つまり画層の色を細かく設定していく必要がある訳です。

オートキャド(AutoCAD)で図面を作図する際には、画層の数だけ細かく色の設定していくという、結構地道な作業が必要になってきます。
こうした細かい設定によって最終的な図面の見た目は大きく変わってしまうので、それぞれの画層をどんな色に設定していくのかは非常に重要な要素なんです。

正直言ってちょっと面倒くさい。

そんな意見というか感想も聞こえてきそうですが、こうした設定が細かくて面倒なのはもう間違いのない事実だと思います。
毎回そんな細かい設定が必要になってくるとしたら、細かい設定がそれほど苦ではない私も、さすがに面倒だと感じます。

でも実際には毎回ではないので大丈夫。

こうした画層の設定や色の設定は、会社毎にあらかじめ決められている事がほとんどです。
自分で全ての画層設定や色の設定をゼロから作り込んでいくというような作業は、恐らくほとんどないはずなので安心してください。

会社として考えてみると、作図する人によって画層や色の設定が違うというのは、図面データを管理していく上で非常に困る状態のはず。
そうならないように作図標準を用意しておくのは当然のことですよね。

なので、いくら自分用の画層設定を緻密に作り込んたとしても「他の人と設定を合わせてくれないと困る」みたいな話になるはず。
であれば先に「皆と設定を合わせるので共通の作図基準をください」と言った方が早いし、何より周囲の方もそれを聞いて多分安心します。

それなのにここで説明をしているのはなぜかというと…

ゼロから画層設定を作り込んで行く事はないにしても、ちょっと画層を追加したりなどの作業は絶対にあるから。
そして、色の設定が印刷結果に影響を与える事を知っておく必要も当然あるからでした。
次回は画層プロパティ管理の説明に戻ります。

関連記事

  1. Bylayerの考え方
  2. 画層色の設定
  3. 線種の設定
  4. 表示機能のまとめ
  5. まずは基本を固める
  6. 画層関連の便利機能