• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

オブジェクトを指定の画層に移動

オートキャド(AutoCAD)で作図を進める際に「現在層」が重要な役割を果たす、という話は以前も紹介した通りです。
新規で作図する要素は全て現在層に設定している画層に入る事になる。

これが現在層という考え方なので、後々きちんと画層を分けて管理していく事を考えると、出来るだけ適切な画層を現在層にしておきたいところ。
しかしだからと言って作図の都度現在層を切り替えていくのも効率が悪いので、ある程度は作図した後で画層を変更する作業が出てくる事になります。

毎回細かく画層を切り替えて作図していく方が良いか。
あるいはある程度現在層を固定しておいて、作図した要素にあわせて細かく画層変更の操作をやっていく方が良いか。

これは作図する図面の種類や密度、画層がどれくらいの数あるのかによって違ってくるもので、「これが良い」などと一概には言えない部分があります。
ただ、少なくとも作図をしている途中で細かく現在層を切り替えていくやり方がベストではない、という事だけは間違いないと思います。

つまり、ある程度は作図した要素を途中で画層変更していく操作が必要になる、という事です。
そうした状況で役に立ってくれるのが、今回紹介する「オブジェクトを指定の画層に移動」という機能になります。

□オブジェクトを指定の画層に移動

作図した要素の画層を変更したい場合、特別な機能を使わない限りはオブジェクトプロパティ画面を使って変更していく事になります。
例えば「寸法」画層で作図してしまった文字を「文字」画層に変更したい場合には、まずは文字を選択してオブジェクトプロパティから…

オブジェクトの画層変更

こうして画層を切り替えていく操作が一般的です。
これはもう教科書通りというか王道のやり方なので、シンプルで分かりやすいやり方ではありますが、効率的かというとそこまでではないです。

上図のサンプルでは画層数がそこまで多くないので、要素を選択してから変更したい画層をすぐに指定する事が出来ます。
だからそこまで不便には感じませんが、実際に画層の数が50個とかになった場合、そこから毎回変更先の画層を選択するのは大変です。

そうした意味があって、恐らくオートキャド(AutoCAD)はもっと便利な画層変更方法として「オブジェクトを指定の画層に移動」機能を用意しているのだと思います。
このコマンドはもう読んだままの機能になっていて、作図した画層を別の画層に変更したい場合に重宝する便利な機能です。

ボタンの位置は下図の通りで、結構大きめのボタンになっている事が分かります。

オブジェクトを指定の画層に移動

ボタンをクリックすると以下のような表示が出ます。

LAYMCH
変更するオブジェクトを選択:

ここで、画層を変更したい要素を画面上から選択する状態になるので、変更したい画層を選択した後で「Enter」を押します。

対象画層上にあるオブジェクトを選択 または [名前(N)]:

そうすると上記のような表示が出て、今度は「この要素と同じ画層に変更したい!」という要素を画面上から選択する状態になります。
ここで選択出来る要素は当たり前ですがひとつだけで、その要素を画面上から選択して「Enter」を押すと以下のような表示になります。

○ 個のオブジェクトが画層 “○○” に変更されました

○の中に入る文字は選択した要素の数や指定した要素の画層によって変わりますが、これで選択した画層が指定した画層に変更されてコマンドは完了です。
この機能の便利なところは、毎回画層リストを出さなくても画層変更が出来てしまう、という点に尽きると思います。

「これに合わせたい」という画面上からの選択も便利なので、まずは一度きちんと手順を踏まえて確かめてみる事をお勧めします。

関連記事

  1. オブジェクトの表示順序変更手順
  2. フリーズ・ロック状態を元に戻す
  3. Bylayerの使いどころ
  4. 表示機能のまとめ
  5. 印刷結果と色の関係
  6. UCSを回転させる意味とは