• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

表示関連の機能まとめ-1

さて、少し話が長くなってきましたが、オートキャド(AutoCAD)の表示関連機能についての説明は前回までで完了しました。
情報として完璧なのかというと正直微妙な部分もあって、まだ説明が足りていない部分もあるのではないかと思います。

しかし少なくともある程度の段階までは説明する事が出来ているので、後は別の部分から情報を収集してやり方を改善していければOKだと思います。
ある程度覚えたらあとは実際に仕事でオートキャド(AutoCAD)を使って覚えていく、というやり方が恐らく一番効率的なので。

完璧な状態になるまで知識を積み重ねて、一切無駄がない操作をする事を突き詰めていく、という考え方もありだとは思います。
しかしそんな事をしていたらいつまで経っても仕事を開始する事は出来ないでしょう。

漫画「ベルセルク」の主人公ガッツもこう言ってます。

ある程度知識を得たら仕事をしてみる

戦場に出る訳ではありませんけど、まずはある程度の知識を得たら、そのスキルを持って仕事で鍛えていく方が早いという事ですね。
ただ、これは確かに事実ですが私の説明が完全ではない事の理由にはならないので、もっと分かりやすい説明をしていくつもりです。

今回はそんなオートキャド(AutoCAD)の表示関連機能について、簡単にまとめておく事にしましょう。

□画層の使い方

まずはオートキャド(AutoCAD)の大きな特徴である「画層」と呼ばれる概念がありました。
色や線種などを区分する為には画層を分けておいた方が便利なので、あまり細かくなりすぎないように気を配りつつ、適切に画層管理していく事が求められています。

色によって印刷結果も違ってくるので、最終的な成果物である印刷した図面にとっては、画層で管理出来るというのは結構大きな要素だったんです。
これは線種の設定でも同様で、操作が分かりやすいかどうかはともかくとして、画層毎に色々な情報を管理出来るのは非常に便利です。

非常に使い勝手の良い機能でなので、画層一覧を表示する際には出来るだけスムーズに呼び出せるようにしておくのが良いでしょう。
選択した画層だけを表示する事や、同じく選択した画層だけを非表示にしたりフリーズにしたりなど、便利な機能もたくさん用意されています。

こうした機能を使う事によって、オートキャド(AutoCAD)での作図をスムーズに進める事が出来るようになるはずです。

□ByLayerという考え方

画層の設定には色や線種の設定があって、画層毎に細かく色と線種を設定する事が出来ます。
そして、線分や文字などの要素には「ByLayer」という概念があります。
読んだままの設定ではありますが、「ByLayer」は「それぞれの画層設定に合わせた色や線種にします」という設定です。

この設定をする事によって、その画層に入っている要素全ての色や線種を一気に変更する事が可能になります。
基本は「ByLayer」に設定しておいて、例外的な要素を個別に設定変更していく、という使い方が便利ではないかと思います。

□ByBlockという考え方

画層の設定に合わせて色や線種を決めるという「ByLayer」という設定の他に、オートキャド(AutoCAD)には「ByBlock」という設定があります。
ブロックという機能は、複数の要素を一つのかたまりとして扱う事が出来る便利な機能なのですが、色や線種を変えるのが難しいという欠点が。

しかしブロックを作成する際に設定を「ByBlock」にしておくと、ブロックにした後でも自由に色と線種を変更する事が出来ます。
これは少し地味に感じるかも知れませんが、実際に使ってみると非常に使い勝手の良い設定という事が分かります。

関連記事

  1. 画面移動コマンド
  2. Bylayerの使いどころ
  3. 線種尺度の設定方法
  4. UCSを回転させる意味とは
  5. まずは基本を固める
  6. マウスを使った画面表示機能