• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

画層関連の便利な機能

オートキャド(AutoCAD)を使って作図する図面で細かく画層を分けていくのは、作図や修正の作業をスムーズに進められるからという理由がひとつあります。
その為に用意されている画層関連の便利な機能について、前回は幾つか紹介する事が出来ました。

・選択した要素の画層を全て非表示

・選択した要素の画層だけを表示

これらの機能は操作も簡単で、なおかつ非常に使い勝手の良い機能なので、ぜひショートカットキーに登録しておく事をお勧めします。
下図で「選択表示」の後に(F5)と記載されているのは、私のオートキャド(AutoCAD)ではF5キーに選択した要素の画層を表示する機能が割り当てられているから。

F5キーに割り当て

毎回画層プロパティ管理画面を呼び出して、たくさんある画層の中から非表示にしたい画層を選択して…とかやるよりも全然早いです。
こうした機能を知っていて、それを素早く実行出来る設定を作っておく事が、オートキャド(AutoCAD)を使いこなす為の第一歩です。

…と、ちょっと偉そうな書き方になってしまいましたが、この程度の事はオートキャド(AutoCAD)のプロなら恐らく誰でもやっています。
それ程特殊な事ではないので、自分が使うオートキャド(AutoCAD)を少しでも便利な状態にもっていくように色々と考えてみましょう。

まずは画層関連の便利な機能を一通り調べていき、その中で自分が使いそうな機能をピックアップするところからスタート。
と言うことで、今回は引き続き画層関連の便利な機能について。

□選択したオブジェクトの画層をフリーズ

この機能は前回紹介した「選択したオブジェクトの画層を非表示」と似たような機能で、選択した要素の画層を全てフリーズしてくれます。
ボタンの場所はこちら。

選択したオブジェクトの画層をフリーズ

非表示で良いのかフリーズまでした方が良いのか、というのは作図のシーン毎に違ってくるはずなので、その都度より便利な方を使っていくのが良いと思います。
操作の手順はやはり前回紹介した「選択したオブジェクトの画層を非表示」と同じです。

コマンド: _layfrz
現在の設定: ビューポート=現在のビューポートでフリーズ, ブロックのネスト レベル=ブロック(B)
フリーズしたい画層上にあるオブジェクトを選択 または [設定(S)/元に戻す(U)]:

コマンドを開始すると以下のような表示が出るので、この状態でフリーズさせたい画層が入っている要素を画面上から選択します。
まとめて選択するのではなく、画面上からひとつずつ要素を選択していくと…

画層 “寸法” がフリーズされました。
フリーズしたい画層上にあるオブジェクトを選択 または [設定(S)/元に戻す(U)]:

というような表示が出て、上記の場合は「寸法」画層がフリーズされた、という事が作図する側にも分かるように表示されました。
現在層はフリーズ出来ないというオートキャド(AutoCAD)のお約束があって、それはこの機能を使っても同じ。

画層 “0” は現在の画層のため、フリーズできません。
フリーズしたい画層上にあるオブジェクトを選択 または [設定(S)/元に戻す(U)]:

サンプルズでは「0」画層が現在層になっていましたが、その場合は上図のような表示が出て、結果として何もフリーズされない結果となりました。

□選択したオブジェクトの画層をロック

この機能も基本的には先ほど紹介した「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」と同じで、選択した要素の画層を全てロックしてくれます。

選択したオブジェクトの画層をロック

ボタンも似たような位置にあるので、このあたりの機能は纏めて覚えてしまうのが良いでしょう。
作図のやり方に好みはあるとは思いますが、ロックを頻繁に使う事になるのならこの機能は外すことが出来ないくらい便利に感じるはず。
私は全然使っていませんが…

操作の流れは先ほど紹介した「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」とほぼ同じになります。

関連記事

  1. 表示機能のまとめ
  2. ZOOM機能
  3. オブジェクトの表示順序変更手順
  4. 画層を印刷しない理由
  5. Bylayerの使いどころ
  6. オブジェクトプロパティ管理