オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

クイックアクセスツールバーに色々なコマンドを追加する方法

前回はAutoCAD(オートキャド)が用意しているクイックアクセスツールバーに、あらかじめ用意されているコマンドを追加する方法を紹介しました。
画面左上にある「A」ボタンをクリックすると、ファイル関連の機能や印刷などが実行出来るようになっていますよね。

「A」ボタンからのメニュー

でもわざわざ大げさなメニューがどーんと表示されて、その中から実行したい機能を選択するのはそれほどスマートではありません。
クイックアクセスツールバーは、こうしたやや大げさなコマンド実行手段を少しでも手軽に出来ないか、という主旨で用意されている気がします。

だからファイル関連の機能とか印刷関連の機能が標準として用意されているのではないかと。

でも、あらかじめ用意されているコマンドだけしかクイックアクセスツールバーに配置出来ない、という話では別にありません。
これはもう使う側の自由としか言えませんが、他のコマンドもクイックアクセスツールバーに配置することが出来ます。

画層選択窓を表示している

上図は私の設定ですが、現在層を選択するメニューが表示されているのが分かると思います。
こうしたコマンドをクイックアクセスツールバーに配置することも出来るので、今回はその具体的なやり方を紹介していきます。

とは言っても、その設定方法はもうあまりにも簡単です。
まずはリボンメニュー表示に切り替えると楽なので、現在クラシック表示で作図をしている方も一時的にリボンを表示させましょう。

リボンメニュー内でクイックアクセスツールバーに追加したいコマンドを探して、そのボタンの上で右クリックをするだけ。
今回は一例として「寸法記入」ボタンの上で右クリックしてみると…

クイックアクセスツールバーに追加の選択肢

このように「クイックアクセスツールバーに追加」という選択肢があるので、この選択肢をクリックするだけで設定は完了です。

クイックアクセスツールバーに追加された状態

これで簡単にクイックアクセスツールバーへの追加ができました。
今までのカスタマイズと同じように「ユーザインタフェースをカスタマイズ」画面を開いて、そこから追加したいコマンドを検索して、そのコマンドをドラッグする、というやり方も出来ます。

でもそれよりもリボンメニュー上で右クリックの方が全然簡単です。
どちらのやり方でも設定が出来るのなら、手軽に出来る方法を選択した方が良いので、当サイトではリボンメニューから右クリックのやり方をおすすめします。

ただ、コマンドによってはクイックアクセスツールバーに配置出来ないものがあるようです。
例えば文字スタイルを切り替える為の「文字スタイルコントロール」とか、寸法スタイルを切り替える為の「寸法スタイルコントロール」とか。
こうしたコントロール要素は、リボンメニュー上で右クリックしてもこんな感じになるだけ。

追加出来ないボタンも時々ある

なぜか「クイックアクセスツールバーに追加」の選択肢が表示されません…
それならば、ということで「ユーザインタフェースをカスタマイズ」から追加しようとしても、これらのコントロール要素をドラッグしても追加出来ませんでした。

なぜかは分かりませんけど、AutoCAD(オートキャド)側で設定の用意がされていない状態では残念ながら手の打ちようがありません。
とは言っても大半のコマンドをクイックアクセスツールバーに追加することが出来るので、どんな使い方をするか考えながらコマンドを追加していきましょう。

あまりコマンドをたくさん配置しすぎると、「ちょっと便利に使える」から「なんかあまり便利じゃないかも…」に変わってしまうので注意が必要ですが…

関連記事

  1. コマンドエイリアスを使う
  2. 一定の水準を満たしたスキルを持つ意味
  3. クラシックメニューについて
  4. 押しやすいキーの範囲
  5. 一時優先キーの設定方法
  6. 様々なやり方を組み合わせる