オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

良いとこ取りで自分のスキルを高める

前回はAutoCAD(オートキャド)の操作をある程度覚えた後で、どのような対応というか気持ちで仕事をしてくか、というあたりの話をしてみました。
こうした気持ち的な部分については特に正解というものがなくて、これはあくまでも私の考え方を書いただけ。

なので、あまり「こうあるべきです」と断言するような事は言えないのですが…
仕事を進めていく方向性としてそんな感じがお勧め、というくらいのニュアンスで読んで頂ければと思います。

ここで私自身の話をしてしまうと、今まで結構長い期間AutoCAD(オートキャド)を使った仕事に就いてきました。
これを書いている今現在も「オートキャド(AutoCAD)で図面を描く」時間が多い仕事をしていて、その中で色々な方を見てきました。

CADで図面を描く仕事が好きなのにどうしてもスキルが足りず、本人の希望とは異なり仕事を継続出来なかった方とか。
AutoCAD(オートキャド)のコマンドなどにとても精通しているけれど、実際の仕事ではちょっともの足りなく感じる方とか。

世の中には完璧な人などいないので、ある程度の水準をクリアした方であればきっと仕事を継続する事は出来るのですが…
どうしてもオートキャド(AutoCAD)を使った仕事には向き不向きがあったりして、その水準に到達しない方も中にはいるんです。

そうした方を色々と見てきた中で「もったいないよな…」と思ったり、「あとちょっと考え方が変われば全然違うのに…」と思ったりする事も結構ありました。
そうした経験があって今の考え方が少しずつ作られているので、当サイトで書いている内容もそこまで的外れな考え方ではないかなと。

これからオートキャド(AutoCAD)を覚えようと思っている方にとって、多少は参考になりそうな部分もあるかも…
という事で、このカテゴリではAutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていく為の考え方について色々書いていこうと考えています。

スキルアップの為に

もちろん書かれている内容全てが読んでいる方に合っているとは限りません。
当サイトに書かれている内容に全てマッチしている方という事は、恐らく私と仕事のやり方がとても似ている方なのだと思います。

ちょっと一緒に仕事をしたくないタイプかも…
と、そんな奇特な方はきっといないと思うので、ここで書かれている内容を読んで「そうかもな…」と思う部分だけをピックアップしていく、という使い方がお勧めです。

他の方がやっているやり方を色々と知っていき、その中から「良いとこ取り」で自分のやり方を組み立てていく。
その為の材料として当サイトが少しでも役に立てれば嬉しいです。

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが…
今回は、たくさん用意されているAutoCAD(オートキャド)の機能をどこまで覚えれば良いか、ということについて考えてみましょう。

当サイトでは作図系とか編集系とか印刷関連機能などのカテゴリに分けて、オートキャド(AutoCAD)の色々な機能を紹介しています。
しかしそれでも、オートキャド(AutoCAD)が用意している全ての機能について詳しく紹介が出来ている訳ではありません。

紹介していない機能の中にも、覚えれば便利に活用出来る機能はまだいくつかあります。
例えパラメトリック機能とか、グループ機能とか、アクションレコーダ機能などは覚えておくと便利かも知れません。

そうした「覚えた方が良いかも」という機能はいくつかあるものの、AutoCAD(オートキャド)が用意している全ての設定、全ての機能を覚えておく必要があるのか。
当サイトの意見としては、そこまで全ての機能覚える必要はない、という考え方を持っています。
ちょっと長くなってしまったので次回に続きます。

関連記事

  1. AutoCADのカスタマイズ
  2. 仕事に費やす時間は膨大な量に
  3. まずは目的地を明確にする
  4. パソコンの設定を変えて便利に使う
  5. 経験を積んでスキルアップ
  6. プロの定義について考える