オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

オブジェクトの表示順序調整方法

オートキャド(AutoCAD)では、線分や文字、ハッチングなどのデータに前後関係が存在して、その関係が印刷結果や表示に大きな影響を与えます。
前回紹介したように、ハッチングが一番手前に表示されてしまった場合には、その奥にある線分や文字などは結果として印刷や表示がされない事に。

データを見ると存在しているにも関わらず、最終的な成果品である印刷した図面に表示されないというのはちょっと致命的です。
作図された図面を使う大抵の方は、CADデータではなく印刷された図面を見る訳ですから。

ただ、作図した要素が重なる事が予想されるCADデータ上で、ある程度前後関係のルールが存在するのは仕方がない事でもあります。
そうしたルールがなく、完全にランダムでオブジェクトの前後関係が勝手に決められて、なおかつ変更出来ないのではさらに困ってしまいます。

もちろんオートキャド(AutoCAD)はそんな適当な事はしません。
基本的に新しく作図した要素は手前に配置される事になるし、その表示順序も後から自分で調整する事が出来ます。

普通にオートキャド(AutoCAD)で図面を描いていく手順を考えると、線分などを作図した後、その線分に合わせてハッチングをするという流れになります。
ハッチングというのは基本的に「何らかの範囲を示す」事が多いので、その範囲を線分で示されないと配置が難しいんですよね。

なので、そのまま表示順序を調整しない限り、ハッチングが一番前面に配置されてしまうのは当然のことなのだと思います。
今回はそんなオブジェクトの表示順序を調整する方法を紹介していきます。

まずはオブジェクト表示順序コマンドがどこにあるのかというと「ホーム」タブの「修正」メニュー下側に隠れています。

オブジェクト表示順序コマンド

表示順序を調整する操作はそこまで頻繁に実行しないので、このメニューからコマンドを実行してもそこまで効率は悪くないです。
私は基本的にリボンメニューを表示させていないので、ショートカットキーに登録して実行をしていますが、多分どちらでも大きな違いはないと思います。

色々な機能が用意されている

表示順序ボタンの右側にある▼をクリックすると、上図のように表示順序を変更する色々な機能が用意されている事が分かります。
これらの機能を使うと細かく表示順序をコントロール出来ますが、よく使うのが「最前面へ移動」と「最背面へ移動」ですね。

ハッチングが前面に表示されている

例えば前回紹介したハッチングの表示順序を変えたい場合。
最背面へ移動ボタンをクリックすると、以下のような表示が出ます。

オブジェクトを選択:

ここで最背面に移動したい要素を画面から指定、今回の例で言えばハッチングを全部選択する事になります。
こうした選択が必要になった場合には、ハッチングの画層をきちんと分けておけば、その画層だけを表示させて選択が出来るので操作がスムーズです。

こうした「この画層だけを表示させると選択が楽」という状況は結構あるので、画層を分けておくと後々で便利に活用する事が出来るはず。
全部同じ画層になっていてハッチングだけを選択、というのもフィルター機能などを使えば可能ですが、画層を分けておく方が全然簡単なので。

ここではハッチングを全部選択して「Enter」を押すと、特に何の表示もなくコマンドが完了してしまいます。

ハッチングの表示が背面になっている状態

しかし表示順序の変更は実行されていて、上図のようにハッチングは最背面に移動されました。
これで文字や線分などが認識出来る状態になったので、図面として適切な状態に戻ったという事になると思います。

関連記事

  1. 画層機能の使い方
  2. フリーズ・ロック状態を元に戻す
  3. 画層を印刷しない理由
  4. 手描きで点線を描くのは大変
  5. 画面移動コマンド
  6. オブジェクトを指定の画層に移動