オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

画層機能を覚えるにあたり…

オートキャド(AutoCAD)の画層に関わる機能について、少し長くなりましたが今まで色々な説明をしてきました。
説明を進めていく中で、画層については「最初に覚えるのは少し大変だけど覚えてしまえば便利な機能」というようなニュアンスの話を何回かしたと思います。

これは本当にその通りだと思っています。
ちょっと複雑で覚えにくい機能だという事は間違いないので、そこを無視して「簡単に覚える事が出来ますよ」とは言えません。

しかし実際に画層機能の考え方や設定方法などを覚えてしまえば、あとはもうひたすら便利な機能として使う事が出来るはず。
これは私が実際にオートキャド(AutoCAD)を使って実感している事なので、恐らくそんなに的外れな話ではないと思います。

私の説明が良くなくて分かりにくいかも知れないけれど、それでも覚える価値がある機能なので…という言い訳みたいな話になってしまいました。
でもそうではなくて…

画層機能を使いこなしているかどうかによって作図の効率が地味に変わってくる、というのは間違いのない事実です。
なので、ここで少し時間をかけてでも画層機能について覚えてしまった方が、後々の事を考えると有利ではないかと思っています。

出来るだけ早く画層機能を覚える為に必要なのは何か。

これはちょっと難しい質問ですが、私がここで言えるのは「まず基本的なところからしっかりと覚えていくのが良い」という事です。
かなり当たり前過ぎる結論になってしまいました…

画層機能は非常に便利なだけに、オートキャド(AutoCAD)側も色々とさらに便利に使える機能を用意してくれています。
そのあたりの便利な機能を幾つか紹介してきましたが、意外にたくさんの機能が用意されているよな…と思った方もいらっしゃるはず。

ここで必要になるのは、一気に手を拡げないでまずは画層機能の概要と基本的な設定までをしっかりと覚えておく事です。

まずは基本を固める

たくさんの便利な機能が用意されているので、どうしても説明する私としても「この機能を使うとさらに画層が便利に使える」と思って紹介をしてしまいます。
しかしそうした便利な機能を覚える事に集中するよりも、まずはベースとなる画層の基本的な考え方や設定をまずは覚えた方が良いです。

そうしないと、よく分からない機能を頑張って覚えたけど何がそんなに重要な機能なのか今ひとつピンと来ない、というような状態になってしまいます。
手間と時間がかかって大変なだけで、結局オートキャド(AutoCAD)の作業効率は高まってこないという残念な状態に。

それでは困るので、まずは基本的に「画層って?」という部分を潰していきたいところ。
そこをしっかりと押さえておく事が重要で、例えば画層の表示をOFFにする操作などは、最初はも基本的なやり方でも良いよ思います。

実際にオートキャド(AutoCAD)を使っていく中で「毎回この操作は少し面倒だよな…」と思ってから、やり方を変えても問題はありません。
むしろその方が積極的に機能を覚える事になって良いかも知れないですし。

という事で、ちょっと画層機能について色々な機能を紹介してしまいましたが…
説明した全ての機能を一気に覚える必要はなくて、まずは画層の基本的な考え方を掴んでおく事が重要です、という話でした。

それが出来たら次に「画層プロパティ管理」内で設定出来る項目について知っていき、ロックなどの設定を切り替える事で何が起こるのかを覚えたいところ。
それが出来てから、さらに便利な選択表示などの便利な機能を覚えていく、という順番で進んでいくとスムーズに覚えられます。

そのあたりを意識して、少しずつ確実に覚えていければ良いと思います。

関連記事

  1. 画層プロパティ管理
  2. 手描きで点線を描くのは大変
  3. 印刷結果と色の関係
  4. 座標系について考える
  5. フリーズ・ロック状態を元に戻す
  6. 再作図機能