• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

ByLayerの考え方について

AutoCAD(オートキャド)の画層プロパティ管理画面で設定が出来る項目、というテーマで今まで色々と説明してきました。
そうした具体的な説明の中で、画層ごとに色と線種をそれぞれ設定することが出来るという話がありました。

画層によって色や線種を簡単に切り替える事が出来て、それによって印刷する図面の見た目をコントロールする。
そんな使い方をする訳ですが、こうした使い方をする為には、オブジェクトプロパティ設定についても少し考えておく必要があるんです。

とは言っても、そこまで複雑な話でもないので、今回はそれぞれの要素に対して設定する項目について説明してみることにします。
画層の色と線種に対してどのような設定をしておくのが良いのか、という話です。

まずは何らかの要素、例えば線分などを選択した後でオブジェクトプロパティ画面を開いてみると…

オブジェクトプロパティ画面

上図のように線分の設定が表示されていて、それぞれの項目を編集する事によって、選択した要素の設定を変える事が出来ます。
ここで注目して頂きたいのが色と線種の設定に表示されている「ByLayer」という文字で、これは他の候補に比べて少し変わっているのが分かります。

Bylayerの設定

色であれば上図のように様々な選択肢があって、それぞれの設定は当たり前ですが具体的な色として選べるようになっています。
そうした選択肢と比べると「ByLayer」という設定は、結局どんな色なの? という疑問が出てしまうと思います。

それぞれ個別に「赤」とか「白」などの設定をしていく方が分かりやすいのではないか、と思ってしまう方もいるかもしれません。
しかし実際にAutoCAD(オートキャド)で図面を作図する際には、この「ByLayer」設定を最も使うことになるはず。

少なくとも私が作図をする場合には、大抵の要素(全部ではありませんが)を「ByLayer」に設定しています。
という事で、話の流れでもう分かってしまっているかも知れませんが…

線分などの要素を「ByLayer」の設定にしておくと、その要素が設定されている画層に合った色が表示される事になります。
同じような話になりますが、線種も同様で、それぞれの画層で設定している線種が画面上に表示されるんです。

ここで言葉の意味を考えてみると…

By → ~によって

Layer → 画層

このような意味合いになっているので「ByLayer」は「画層によって色や線種が変わる」設定である事が分かります。
これは名前でイメージしやすい機能ではないかと思います。

上図で例に出した線分は「0」という画層で作図されていて、色の設定が「ByLayer」になっています。
そして「0」画層の色が白に設定サれているので、画面上には白い線分が作図されている、という感じです。

この「ByLayer」の考え方は、線種の設定でも全く同じです。
サンプルで作図した線分の設定は「ByLayer」になっていて、「0」画層の線種は実線に設定されていてる。
だから画面上では線分が実線で表示される、という流れですね。

なぜ直接色を指定しないで、わざわざ画層に合わせる設定にするのか。
そんな疑問が出てくるかも知れませんが、これは単純に「ByLayer」設定にした方が便利だからです。

このあたりの話は次回にもう少しだけ説明することにします。
今回はまず、「ByLayer」という設定の基本的な考え方を覚えておくことにしましょう。

関連記事

  1. 手描きで点線を描くのは大変
  2. 表示順序の便利な機能
  3. オブジェクトを指定の画層に移動
  4. 画層毎の印刷設定
  5. Bylayerの使いどころ
  6. ZOOM機能のサブメニュー