• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

新しい画層の作り方

前回までの説明で、画層プロパティ管理で設定出来る項目については一通り説明をする事が出来たのではないかと思います。
画層を表示するかどうか、そして編集出来るかどうかの設定、そして色と線種の設定と印刷するかどうかの設定。

これらを最初に色々考えながら設定しておく事で、後々の作図がスムーズになっていくはずです。
ちょっと面倒くさいイメージが画層にはあるかも知れませんが、基本的に画層機能は作図する側が楽をする為に存在している機能です。

最初は少し手間と時間をかけてでも覚えてしまえば、後はその便利な機能を存分に利用する事が出来るようになるはず。
なので、まずはここで紹介している機能について一通り読んでみる事をお勧めします。

さて。

そんな便利な機能である画層について、色々な設定を説明してきた訳ですが、新しく画層を作る方法については説明が出来ていませんでした。
それほど難しい操作ではないので今回は新しく画層を作成する方法について紹介してみる事にします。

まずは画層プロパティ管理画面を表示させて…
上部の左側に色々あるボタンの中で、左から四番目のボタンが「新規作成」ボタンになっています。

画層新規作成ボタン

上図の赤く囲っている部分が新規作成ボタンなので、そのボタンをクリックすれば新しく画層が作成されます。

新しい画層が作成された

新規作成してすぐの状態では「画層1」という画層名になっていて、もちろんそんな名前では区分がしにくいのでキーボードから新しい名前を入力してあげましょう。
今回はサンプルなのでどんな名前でも良くて…とりあえず「変更用コメント」という名前を付けておく事にしましょう。

画層名の変更後

これで「変更用コメント」という画層が新しく作成されました。
ここで画層を新しく作成する際の注意点をひとつ。

新規作成される画層は、選択している画層と同じ設定で作成されます。

先ほどの例では「0」画層を選択している状態で画層を新規作成したので、「0」画層と同じ設定の色は白・線種は実線・印刷はするという設定になりました。
これを例えば「_補助線」画層を選択している状態で新規作成した場合…

_補助線画層に合わせて新規作成される

色は「_補助線」画層と同じく74番になり、線種は実線、なおかつ印刷しない設定で新しく画層が作成されました。
今回のサンプルでは「変更用コメント」という画層を作成した訳で、印刷されない画層として利用したいという思いがあります。

であれば、同じような画層である「_補助線」画層を選択肢ながら新規作成を開始した方が、恐らく設定を調整する手間は少なくて済むはず。
なので、新しく画層を作成する際には、どのような設定にするかを意識しつつ、それに近い画層を選択した状態で新規作成をした方が良いです。

これはちょっと細かすぎる話に感じるかも知れませんが…
どうせ最終的にはそれぞれの画層を細かく調整していかなければならないのなら、少しでもその設定手間が少ない方が楽だし効率が良いという考え方です。

ありがちな失敗としては、非印刷画層を知らずに選択した状態で新しく何個も画層を作成してしまい、大半の画層が非印刷状態になっている事に後で気がつくというのがあります。
これは私も未だにやらかしてしまう失敗です。

図面が出来上がって印刷をした時に「何か変な感じが…」と思ってデータを調べてみると、予想外の画層が非印刷状態になっているとか。
そうした失敗を出来るだけ減らす為に、まずは「新規作成される画層は、その際に選択している画層と同じ設定になる」という事を覚えておきましょう。

関連記事

  1. オブジェクトを指定の画層に移動
  2. まずは基本を固める
  3. オブジェクトの情報表示
  4. 手描きで点線を描くのは大変
  5. 座標系について考える
  6. 現在層の意味と活用