• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

ズーム(ZOOM)機能の色々

前回はオートキャド(AutoCAD)特有の、作図画面を拡大したり縮小したりする「ズーム(ZOOM)」と呼ばれる機能を紹介しました。
オートキャド(AutoCAD)特有というとなんだか非常に特殊な感じがしてしまいますが、こうしたズーム機能というのは恐らく全てのCADに備え付けられているはず。

A1サイズ(841mm×594mm)という決められた大きさの用紙に、自分の手で図面を描いていくやり方が手描きと呼ばれる手法です。
こうした作図のやり方であれば、自分の目で用紙全体を簡単に見る事が出来るので、部分的に図面を拡大して見るなどの行為はあまり必要ありません。

一方オートキャド(AutoCAD)で図面を描く場合、データ内で作図するスペースというのはほぼ無限と言っても良いくらい用意されています。
もちろん最終的にA1サイズに納めて印刷をすることになりますが、データとして広大なスペースがあるというのが大きな違いです。

そうしたスペースの中でどこに注目して作図していくか、というあたりをコントロールするのがズーム機能の基本になります。
実際にCADで図面を描いてみると分かりますが、表示範囲を拡大したり縮小したり、単純に画面を移動したりという操作はかなり頻繁に使います。

今回はそんなズーム機能の中で、実際によく使うのがどんな操作なのか、というあたりを説明していこうと思います。
ズーム機能ボタンに右側にある▼をクリックすると表示されるメニューは下図の通りで、色々なサブメニューが用意されている事が分かります。

ZOOM機能のサブメニュー

色々用意されてはいますが、この中の全てを満遍なく使う訳ではなくて、今回はその中でよく使う機能だけを紹介していきます。

□窓

窓選択というのはオートキャド(AutoCAD)の操作で結構な頻度で使う事になります。
要するに画面上から二点を選択して、その二点を対角点とした四角形の範囲を選択する、というような考えです。

ズーム機能での窓もほぼ同じような考え方で、画面上から二点を選択して、その二点を対角点とした範囲に画面を拡大してくれます。
窓として選択した二点が縦長であれば縦方向がギリギリ入る形で拡大されて、横長に選択した場合は横方向がギリギリ入る形で拡大されるという感じ。

オートキャド(AutoCAD)の操作画面はディスプレイサイズによって少しずつ変わっていて、その画面サイズと選択する二点の関係は毎回同じではありません。
なので、窓として選択した二点だけを画面上に表示する訳ではなく、縦方向もしくは横方向どちらかに必ず余白が出る感じで拡大されます。

□オブジェクト範囲

ズーム機能でオブジェクト範囲を選択すると、今現在作図している要素が全て表示された状態に画面が縮小されます。
要するに「作図している全体図が見える状態」になるので、画面を拡大して作図を進めた後で全体表示に戻りたいような状況で使います。

オートキャド(AutoCAD)で作図をしていると、移動やコピーコマンドを使う際に思わぬ位置に線分や文字が飛んでしまう事があります。
そうした状態でこの「オブジェクト範囲」ズームを実行すると、作図要素が非常に小さく表示されてしまう状態に。

これは結構不便なので、出来るだけ変な位置に線分などを移動したりしないように気をつけて作図を進めていきたいところです。
そうしたデータの不備を探す為に、逆にこの「オブジェクト範囲ズーム」を使う事もありますが…

基本的には全体図に戻すために利用する機能だと思います。

関連記事

  1. 画層プロパティ管理
  2. ハッチングの表示順序
  3. Bylayerの使いどころ
  4. 画面表示が上手くいかないと…
  5. ZOOM機能の選択肢は色々
  6. オブジェクトの情報表示