• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

UCSとWCSの考え方について

オートキャド(AutoCAD)には色々な設定や考え方があって、そのひとつに作図する為の空間と印刷する為の空間という概念があります。
作図する為の空間を「モデル空間」と呼び、印刷する為の空間を「ペーパー空間」あるいは「レイアウト空間」と呼びます。

もちろんオートキャド(AutoCAD)は自由度の高いCADなので、モデル空間に作図してそのままモデル空間上で印刷する事も可能です。
逆にペーパー空間上で作図をしてそのままペーパー空間で印刷する事も、あまりやる意味はありませんが可能ではあります。

作図をした後で印刷をする際に、モデル空間とペーパー空間の使い分けをしていくと非常に便利ではありますが、その為には色々と覚えなければならない事も。
そのあたりの話は別のカテゴリで詳しく説明をしていこうと思っています。

今回はそうした空間についての話をする前に、オートキャド(AutoCAD)の座標系について少し考えてみます。
ちょっと複雑に聞こえるかも知れませんが、実際にはそれ程複雑な事はしていませんのであまり身構えないで読んで頂ければと思います。

オートキャド(AutoCAD)を作図する際に使うモデル空間には、UCSとWCSと呼ばれる二つの座標系が用意されています。
UCSとWCSはそれぞれ以下のような意味合いを持っています。

UCS → User Coordinate System(ユーザー座標系)

WCS → World Coordinate System(ワールド座標系)

ワールドとか言われると少し大げさに感じてしまいますが…
UCSはユーザー、つまり作図している側で自由に設定出来る座標系で、WCSは作図している側では変えられない、図面の基準となる座標系という感じになっています。

そもそも座標系って何かと言うと…

作図する為のモデル空間上に用意された、原点(0,0,0)を基準としたX方向、Y方向、Z方向の座標を指しています。
作図をする際に数値入力で座標を指定したりする場合、この座標をベースにして点が指定される事になるので、作図する方に無関係という訳にはいかないんです。

特に指定がない場合は初期設定で UCS=WCS となっています。
そして必要になった場合にはUCSを自由に指定する事が出来て、作図を円滑に進める事が出来るというような機能がUCSの基本的な考え方になります。

オートキャド(AutoCAD)を起動した際にとりあえず見えるのが以下のような表示で、これが「UCSアイコン」と呼ばれるものです。

UCSアイコン

これは現在のカーソルがX方向とY方向に対して水平垂直になっている事を意味しています。
オートキャド(AutoCAD)では特に大きな問題がない限り、こうしてX座標とY座標に対して水平垂直に作図をしていきます。

別に座標については厳しい決まりがある訳ではありません。
しかし実際にはそうした考え方で作図を進めた方が楽だし分かりやすいので、あえてそこを変える必要がないというのが主な理由です。

作図した要素に3D情報が盛り込まれていて、その要素を斜めから見る必要がある場合は少しカーソルの向きが変わります。
そうすると、UCSアイコンの表示も少し変わって下図のような見え方になってきます。

Z座標を含んだUCSアイコン

この状態はX方向とY方向、そしてZ方向共に平行になっていない状態を表していて、この状態で作図するのは少し大変かも知れません。
上図では別にUSCを変更した訳ではなく、単純にUCSを斜めから見ているだけの状態です。
実際にUCSを変更するのはどんな状況なのか、実際にどんな操作で進めていくのか、というあたりについては次回に詳しく説明していこうと思います。

関連記事

  1. 画層のロック
  2. 画層プロパティ管理
  3. 画層色の設定
  4. オブジェクトプロパティ管理
  5. 画層関連の便利機能
  6. マウスを使った画面表示機能