オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

寸法スタイル管理(寸法線)

寸法線を作図する際に、実際どのような形状の寸法を記入してくれるのか、というあたりをコントロールするのが寸法スタイル管理機能です。
その中にはたくさんの項目があるので、調整すると見た目に変化があるような項目を抜粋して紹介していこうと思います。

設定出来る項目をひとつひとつ覚えても、実際の仕事ではその全てを使う訳ではありません。
たくさんの設定がある中では、やっぱりというべきか、非常によく使う設定とそうでもない設定に分かれるものなんです。
であれば、やはりよく使う設定をまずは覚えていくのが効率的ですよね。

という事で今回は寸法スタイル管理の画面から、寸法線タブで設定する項目について紹介していく事にします。
…が、そのまえにそもそもオートキャド(AutoCAD)の寸法で、それぞれの部位をどのように読んでいるのかの紹介から始めましょう。

寸法の各所呼び方

大きなくくりで「寸法」と言っても場所によって色々と呼び方がある、という事が上図を見て頂ければ分かると思います。
こうした呼び方を仕事中にするかは正直なところ微妙な気もしますけど、設定を変える部位を説明するには分かりやすいです。

今回紹介する寸法スタイル管理のタブは「寸法線」となっていますが、設定出来る項目は「寸法線」と「寸法補助線」になっています。
主に寸法を構成する三本の線という感じで、線分なだけにそれほど多くの設定がある訳ではないので、まずは設定項目をみていく事にしましょう。

寸法線と寸法補助線で変更できる設定項目としては、線分で構成されているという事で、やはり線の色と線種が変更出来ます。

寸法線の色設定

上図のように寸法線と寸法補助線の色を赤に変えたり出来ます。
線種の設定も同じような操作で変える事が出来て、こうした設定は単純に色や線種を選択するだけなので非常に簡単ではないかと思います。

この設定は分かりやすいので特に問題ないはずですが、その下あたりに「省略」という設定項目があります。

寸法線の省略

この設定にチェックを入れると、寸法線や寸法補助線自体が省略される、つまり表示されない状態になってくれます。
この設定を積極的に使うかどうかは微妙で、試しに省略してみた状態はこんな感じになります。

寸法線などを省略した状態

寸法を構成する線を表示しないのだから、まあこうなりますよね…
これでは寸法がどこを指しているかを伝える事が難しくなるので、あまり安易に省略しない方が良いと私は思います。

あとはここで設定出来る項目として「補助線延長長さ」と「基点からのオフセット」があります。

補助線延長長さと基点からのオフセット

具体的にどのような設定かというと、以下のような感じの設定がミリ単位で可能になっている感じです。

補助線延長長さ:寸法補助線を寸法線に対してどの程度飛び出させるか

起点からのオフセット:寸法を記入する際に指定する点から寸法をどの程度離すか

これはちょっと言葉だけでは分かりにくいので、実際にどの部分を設定していくのかを図面で表現してみる事にしましょう。

補助線延長長さと基点からのオフセットで設定出来る場所

こうした細かい部分について設定していく事によって、オートキャド(AutoCAD)で作図する図面は少しずつ見やすくなったり見づらくなったりします。
ほんの少しの違いなんですけど、それが図面全体に結構大きな影響を与えるというのは、結構面白いものです。

こうした設定調整を細かくやっていくのはとても良い事だと思います。
だからこそ当サイトで色々細かい設定を紹介している訳ですが…

それにこだわりすぎてしまうと、人が設定した寸法が使いにくく感じてしまい、全部自分の好みに直してしまいたくなったりします。
そんな危険もあったりするので、程良く設定を調整していき、人の好みにもある程度合わせるくらいのスタンスが良いと思います。

関連記事

  1. 0省略表記
  2. 寸法スタイル管理
  3. 角度寸法の設定
  4. 平行寸法記入の手順
  5. 寸法更新の手順
  6. 寸法設定は手間なのか