オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ボタンのカスタマイズについて

さて。
前回までの話では、オートキャド(AutoCAD)のカスタマイズを進める前に、まず基本的なコマンドの実行方法について色々紹介してきました。

それぞれの操作方法について特徴を掴んでおき、それぞれの良いところを組み合わせて自分のやり方を作っていく。
そのためにはカスタマイズの操作が必要になってくるので、具体的なカスタマイズの方法についてこれから説明をしていこうと思っています。

順番としては、まずボタンをカスタマイズするやり方について取り上げてみることにして、リボンをどのように自分好みに使っていけるかを考えてみましょう。
以前説明した内容を振り返ってみると、リボンには以下のような特徴がありました。

・分かりやすい

・タブを切り替えるやり方なので一手間多い

これらの特徴を踏まえてどのようなカスタマイズが出来るかを考えてみると、どうもリボンという機能はカスタマイズに合っていないような気がします。
こちらから話を始めておきながらこんな結論になってしまい申し訳ないですが…

リボンにはそれぞれ「ホーム」とか「挿入」などのタブが用意されていて、タブを切り替える事で表示されるコマンドを切り替える事が出来ます。
そしてタブの中はさらに「作成」や「修正」などのグループ(パネルと呼びます)に分かれていて、その中から目的にコマンドを選択するようになっています。

操作としてはこのタブを切り替える手順をなくした方が早いので、タブを切り替えなくてもコマンドを選択出来ないかを考えてしまいます。
もちろんカスタマイズを使えば、「挿入」タブにあるボタンを「ホーム」タブに表示させるなどの調整をすることが出来ます。

しかし、それでも全ての機能をひとつのタブに表示しきるのは難しいものがあります。
ひとつのボタンがやたらと大きかったりするので、スペースなどを考えると、どうしてもタブを切り替える操作をなくすのは難しい。

そこまで考えてカスタマイズするのなら、まだクラシック表示に切り替えた方が良いのではないか、というのが当サイトの考え方です。
ただ、オートキャド(AutoCAD)ではリボンメニューのコマンド配置もカスタマイズ出来るようになっています。

もしかしたらリボンメニューに表示するコマンドを厳選して、本当に必要なコマンドだけを表示して便利に使えるかも知れないので…
私にはちょっと難しかったという理由でやり方を紹介しないのはフェアではないので、具体的なカスタマイズに手順をここで紹介しておきます。

リボンメニューの「管理」タブ内にある「カスタマイズ」パネルに、ユーザインターフェースと書かれているボタンがあります。

ユーザインターフェースボタン

このボタンをクリックすると、ユーザインタフェースをカスタマイズという画面が開きます。
リボンに限らずほぼ全てのカスタマイズはこの画面でおこなう事になるので、まずはここで開き方をしっかりと覚えておきましょう。

ユーザインタフェースをカスタマイズ画面は一面に表示されますが、ここで注目するのは画面左側にある「すべてのファイル内のカスタマイズ」という項目。

ユーザインタフェースをカスタマイズ画面

このメニューの上から三番目に「リボン」という項目があるので、まずはその左側にある「+」をクリックしてみると…

リボン項目を展開

このように「タブ」と「パネル」と「コンテキストタブの状態」という項目が表示されます。
まず「タブ」の左側にある「+」ボタンをクリックするとタブの一覧が表示されるので、「ホーム2D」というタブの左側にある「+」をクリックすると…

ホームタブを展開

上記のように、ホームタブに表示するパネルがリストで表示されているのが確認出来ます。
ちょっと説明が長くなってしまったので次回に続きます。

関連記事

  1. 面取り距離の基本関係
  2. 尺度変更のイメージ
  3. 配列複写のイメージ
  4. 機能を覚えてステップを上がる
  5. 面取り機能
  6. 部分削除