オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

スタイルの記事一覧

周囲と合わせる必要もある

会社によって違う設定も

前回はオートキャド(AutoCAD)の印刷スタイルについて、会社や同じプロジェクトなど、ある程度の集団で共有する事が効果的だという話をしました。 こうして印刷スタイルを共有する事によって、誰が作図した図面を誰が印刷しても、常に同じ結果が図面には表示される事になります。 これは非常に便利で使いやすい機 […]

続きを読む

印刷スタイルは周囲に合わせる

印刷スタイル設定の統一

オートキャド(AutoCAD)を使って作図した図面を印刷する際に、どんな設定で印刷をするかをコントロールするのが印刷スタイルです。 前回、前々回とその印刷スタイルを設定するやり方について、具体的な手順を含めて説明をしてきました。 ただ、こうした説明をした後で言う話でもないのですが… 実際に仕事でオー […]

続きを読む

印刷スタイルの新規作成

新規で印刷スタイルを作成する手順

図面を印刷する為の設定には色が大きな役割を担っている事と、色ごとの印刷設定を調整する為の印刷スタイルを管理。 前回はそのあたりの設定について具体的な説明をしてきました。 ただ、前回紹介した手順というのは、既に存在している印刷スタイルを編集して微調整をしていくやり方です。 実際に仕事をしていると、恐ら […]

続きを読む

印刷スタイルの設定

印刷スタイルとは何か

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を印刷する際には、その要素が何色なのかによって印刷結果が変わってきます。 そして、該当する色をどのような設定で印刷するのかを調整していく役割を持っているのが「印刷スタイル」と呼ばれる設定です。 今回はそんな「印刷スタイル」の設定について色々と説明していこう […]

続きを読む

印刷結果と色の関係

色と印刷スタイルの関係

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はA1サイズの用紙に印刷される事が多いですが、A3サイズに50%縮小して使われる事も意識する。 前回はそんな話を紹介しました。 作図する側としては、まずどんな用紙サイズで印刷する図面なのかを意識しておく事が重要で、その上で縮小する事も可能性としてあると考え […]

続きを読む

角度寸法の設定

寸法スタイル管理(基本単位)-6

オートキャド(AutoCAD)の寸法スタイル設定内「基本単位」タブの設定について、今まで色々説明をしてきました。 細かい設定が多い割には見た目の影響がそれ程大きくないという、正直なところ面白いとは言えない設定項目の説明でしたが… 設定というのは大抵の場合そんな感じなんですよね。 正しい設定にしている […]

続きを読む

0省略表記

寸法スタイル管理(基本単位)-5

前回はオートキャド(AutoCAD)の寸法スタイル設定として、計測尺度をレイアウト空間の寸法だけに適用するかどうか、という項目を取り上げました。 これは実際にオートキャド(AutoCAD)でレイアウト空間を使ってみた際に、意外に重宝する設定である事が分かるはず。 …なのですが、まずはレイアウト空間に […]

続きを読む

寸法の単位設定

寸法スタイル管理(基本単位)-4

オートキャド(AutoCAD)の寸法は実際の距離を自動で表示してくれますが、その数値を自動的に一定の尺度に変換して表現する場合もある。 前回はそんな「計測尺度」の設定と考え方について紹介しました。 図面の単位は基本的にミリメートルなのに、場合によってメートルで表現するのはなぜか、という疑問があるかも […]

続きを読む

寸法の単位設定

寸法スタイル管理(基本単位)-3

前回は寸法スタイル設定の中で、寸法値の前後に文字を自動的に記入する「接頭表記」と「接尾表記」について取り上げてみました。 作図している図面によっては結構重宝する場面もあるので、「そんな機能もあるのか」程度でも覚えておく事をお勧めします。 ただ、説明した後からこうした話をするのも変ですが… 実際はこの […]

続きを読む

寸法の単位設定

寸法スタイル管理(基本単位)-2

前回はオートキャド(AutoCAD)の寸法スタイル管理の中で、寸法値の単位形式と精度設定について取り上げてみました。 正直なところ、内容的にはそれほど頻繁に設定を変えるような項目ではないので、最初から知っておくべき知識かどうかは微妙なところだと思います。 しかしこうした設定があるという事を知っておく […]

続きを読む