• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

パブリッシュによる連続印刷の実行

前回からは、オートキャド(AutoCAD)で作成したペーパー空間を複数選択して、パブリッシュ機能を使うことによって一括で印刷する手順を紹介しています。

・複数のペーパー空間「1」から「3」までを作成

・それぞれのペーパー空間で共通のページ設定として「A3モノクロ」を作成

・「1」から「3」のペーパー空間を一括選択してパブリッシュの実行

というところまで前回は説明してきたので、今回はその続きから。
ペーパー空間「1」から「3」を選択した後「選択したレイアウトをパブリッシュ」をクリックすると、下図のような画面が表示されます。

パブリッシュの設定画面

結構たくさん設定出来そうな項目がありますけど、実際に操作する部分はそこまで多くはないので全然難しい事はありません。
上図を見て頂くと、先ほど選択したペーパー空間である「1」から「3」までが「シート名」という項目に表示されているのが分かります。

まずはシート名に表示されている「解説-1」から「解説-3」までを全て選択します。
全て選択する方法は幾つかあります。
「解説-1」を選択した状態で「Shift」を押しながら「解説-3」を選択すると、「解説-1」から「解説-3」までをまとめて選択する事が出来ます。

また、シート名という項目内の何も記載されていないところをクリックして、ボタンを戻さないままカーソルを移動させて全てのシート名を選択しても良いです。
やり方としてはこの方がシンプルで分かりやすいかも知れませんね。

全てのシート名を選択した状態

そうするとシート名などの項目が反転して選択された状態になるので、その状態で右側の項目である「ページ設定」に注目します。
現状では「ページ設定」は <規定:なし> という表示になっています。
これは選択したシートを印刷する為のページ設定が特に指定されていない状態を意味しています。

これでは思ったような印刷結果が得られないので、そこで前回設定したページ設定「A3モノクロ」が生きてきます。
まあその為に作成したページ設定なので、ここで生きてくるのは当たり前なんですけど…

シート名として「解説-1」から「解説-3」を選択している状態で「ページ設定」項目をクリックすると、下図のようにページ設定を切り替える事が出来ます。

ページ設定の指定

選択するページ設定として、前回作成した「A3モノクロ」を選択すると、全てのシート名のページ設定が切り替わりました。

ページ設定名が切り替わった状態

ここまでの操作で、それぞれのシート名つまり選択したペーパー空間を「A3モノクロ」という設定で印刷する事が出来る状態になりました。
設定としてはこれで完了なので、画面下部にある「パブリッシュ」ボタンをクリックします。

そうすると、あとはオートキャド(AutoCAD)が自動的に選択したペーパー空間をパブリッシュ処理してくれます。
パブリッシュには少し処理のための時間がかかりますが、これはもう仕方がない事だと思います。

パブリッシュメニューの中には「バックグラウンドでパブリッシュ」という項目があって、そこにチェックを入れると待ち時間もなくすぐ操作に戻る事が出来ます。

バックグラウンドでパブリッシュ

ただ、これは処理が早く終わった訳ではなく、設定名にもありますが単純にバックグラウンドでパブリッシュの処理をしているだけです。
バックグラウンドで処理をしてくれるのは確かに有り難いので、一度試してみると良いかも知れません。

ただ、バックグラウンドで処理をすると思ったよりも時間がかかってしまい、その間は別の印刷処理などが出来ないというデメリットもあります。
出来るのは作図や編集などなので、バックグラウンドで処理している間は別の印刷処理をしないようにすれば良いだけではありますが…

意外にこれが不便なので、私はバックグラウンド処理をしない設定にしています。
個人の好みなどもあるので、どちらが良いかを一度試してみる事をお勧めします。

関連記事

  1. 印刷時の設定項目
  2. ビューポートの調整方法
  3. モデル空間とペーパー空間の切り替え
  4. モノクロとカラーの切り替え
  5. 大きな建物は縮尺1/50程度
  6. 印刷スタイルの新規作成