オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

パブリッシュの前にページ設定

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面をパブリッシュ(連続印刷)する為に、前回は必要な条件について説明をしてきました。
サンプル図面としてペーパー空間「1」から「3」までを作成して、そのペーパー空間を実際にパブリッシュで連続処理していく、というところまで話が進んでいます。

今回はその続きからという事で、作成したペーパー空間に対してどんな設定で印刷するのか、という細かい調整をしていかなければなりません。
1枚ずつの印刷であってもパブリッシュで連続処理する場合であっても、どんな設定で印刷をするのかを指定する手順は変わりません。

なので、まずは「1」というペーパー空間に移動して、とりあえずパブリッシュではなく印刷コマンドを実行しましょう。
そこでどのプリンタで印刷をするか、用紙サイズと縮尺をどうするか、印刷スタイルを何に設定するかなどを調整していきます。

ページ設定の追加

上図では、A3で縮尺1/2(ビューポートが1/50の縮尺なので実際は1/100となる)、印刷スタイルとして「acad.ctb」を選択しました。
これで思ったような印刷が出来ているかをプレビューで確認して、問題なければそこからページ設定の準備を始めます。

上図では画面左上にあるページ設定が「なし」になっているので、今調整したA3印刷用の設定に名前を付けて設定を保存しておきましょう。
ページ設定項目の名前「なし」の右側にある「追加」ボタンをクリックすると、下図のような画面が表示されます。

ページ設定を追加

この画面で新しくページ設定を追加する事が出来ます。
初期設定では「セットアップ1」という名前になっていますが、これではどんな設定で印刷するかが分かりにくいです。
なのでもう少し分かりやすく「A3モノクロ」みたいな名前を付けたいところ。

ページ設定名を記入

上図のように「A3モノクロ」という名前を付けて「OK」をクリックすれば、今調整した印刷の設定が「A3モノクロ」という名前で保存され、印刷画面に戻ってきます。
この印刷画面で「OK」をクリックすれば普通にペーパー空間「1」の印刷が実行されます。

もちろんそれでも問題なく印刷が出来ますが、今回はパブリッシュで「1」から「3」までのペーパー空間を一括で印刷する事が目的としてあります。
なのでここでは印刷を実行しないで、ページ設定を作成するだけにしておきましょう。

ということでここでは「キャンセル」をクリックして印刷画面を終了させます。
たとえ「キャンセル」をしたとしても、作成したページ設定「A3モノクロ」は保存されているので、印刷をキャンセルする事自体に問題はありません。

次にパブリッシュ処理をしたいペーパー空間を選択します。
現在はペーパー空間「1」が選択されている状態なので、残りのペーパー空間「2」と「3」を選択してあげる必要があります。

これは特に難しい操作は必要なく、単純に「Shift」キーを押しながら「3」のタブをクリックすればOKです。
windowsでは通常の操作感覚だと思いますが、「Shift」を押しながら選択すると現在のタブから選択したタブまでをまとめて選択する事が出来ます。

複数のタブを選択した状態

この状態でタブ上にカーソルを持ってきて右クリックすると、下図のようなショートカットメニューが表示されます。

右クリックによるショートカットメニュー

そのショートカットメニュー中央付近に「選択したレイアウトをパブリッシュ」という項目があって、それがパブリッシュ操作を実行する為のメニューになっています。
なので「選択したレイアウトをパブリッシュ」をクリックすると…

この後はもう少し操作があるので次回に続きます。

関連記事

  1. 印刷関連機能まとめ
  2. ペーパー空間の考え方
  3. 印刷関連機能まとめ
  4. 印刷時の設定項目
  5. 仕事とやりがいの関係
  6. 完成した図面は必ずチェック