• 仕事に対する考え方は人それぞれで
    仕事に対する考え方は違っても

    仕事に対するスタンスは人によってそれぞれ違います。仕事で成果を出すことを重視している方もいるし、家族との時間を一番に考えている方もいるし、仕事よりも自分の趣味に重きを置いている方もいます。もち[...]

    続きを読む
  • 人によりスタンスは様々
    仕事に対する取り組みの多様性

    AutoCAD(オートキャド)を仕事で使っていく上で、自分のスキルを高めていくことはプロとして必要不可欠なことではないか。色々な意見があるかとは思いますが、少なくとも当サイトではそのような考え方で[...]

    続きを読む
  • ステップアップのイメージ
    経験を積んだ後の注意点

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事を続けていると、当然のように操作には少しずつ、しかし確実に慣れてきます。そうなると、1枚の図面を作図するまでに掛かる時間は徐々に短くなっていくし[...]

    続きを読む
  • 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む

パブリッシュの前にページ設定

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面をパブリッシュ(連続印刷)する為に、前回は必要な条件について説明をしてきました。
サンプル図面としてペーパー空間「1」から「3」までを作成して、そのペーパー空間を実際にパブリッシュで連続処理していく、というところまで話が進んでいます。

今回はその続きからという事で、作成したペーパー空間に対してどんな設定で印刷するのか、という細かい調整をしていかなければなりません。
1枚ずつの印刷であってもパブリッシュで連続処理する場合であっても、どんな設定で印刷をするのかを指定する手順は変わりません。

なので、まずは「1」というペーパー空間に移動して、とりあえずパブリッシュではなく印刷コマンドを実行しましょう。
そこでどのプリンタで印刷をするか、用紙サイズと縮尺をどうするか、印刷スタイルを何に設定するかなどを調整していきます。

ページ設定の追加

上図では、A3で縮尺1/2(ビューポートが1/50の縮尺なので実際は1/100となる)、印刷スタイルとして「acad.ctb」を選択しました。
これで思ったような印刷が出来ているかをプレビューで確認して、問題なければそこからページ設定の準備を始めます。

上図では画面左上にあるページ設定が「なし」になっているので、今調整したA3印刷用の設定に名前を付けて設定を保存しておきましょう。
ページ設定項目の名前「なし」の右側にある「追加」ボタンをクリックすると、下図のような画面が表示されます。

ページ設定を追加

この画面で新しくページ設定を追加する事が出来ます。
初期設定では「セットアップ1」という名前になっていますが、これではどんな設定で印刷するかが分かりにくいです。
なのでもう少し分かりやすく「A3モノクロ」みたいな名前を付けたいところ。

ページ設定名を記入

上図のように「A3モノクロ」という名前を付けて「OK」をクリックすれば、今調整した印刷の設定が「A3モノクロ」という名前で保存され、印刷画面に戻ってきます。
この印刷画面で「OK」をクリックすれば普通にペーパー空間「1」の印刷が実行されます。

もちろんそれでも問題なく印刷が出来ますが、今回はパブリッシュで「1」から「3」までのペーパー空間を一括で印刷する事が目的としてあります。
なのでここでは印刷を実行しないで、ページ設定を作成するだけにしておきましょう。

ということでここでは「キャンセル」をクリックして印刷画面を終了させます。
たとえ「キャンセル」をしたとしても、作成したページ設定「A3モノクロ」は保存されているので、印刷をキャンセルする事自体に問題はありません。

次にパブリッシュ処理をしたいペーパー空間を選択します。
現在はペーパー空間「1」が選択されている状態なので、残りのペーパー空間「2」と「3」を選択してあげる必要があります。

これは特に難しい操作は必要なく、単純に「Shift」キーを押しながら「3」のタブをクリックすればOKです。
windowsでは通常の操作感覚だと思いますが、「Shift」を押しながら選択すると現在のタブから選択したタブまでをまとめて選択する事が出来ます。

複数のタブを選択した状態

この状態でタブ上にカーソルを持ってきて右クリックすると、下図のようなショートカットメニューが表示されます。

右クリックによるショートカットメニュー

そのショートカットメニュー中央付近に「選択したレイアウトをパブリッシュ」という項目があって、それがパブリッシュ操作を実行する為のメニューになっています。
なので「選択したレイアウトをパブリッシュ」をクリックすると…

この後はもう少し操作があるので次回に続きます。

関連記事

  1. 印刷関連機能まとめ
  2. 完成した図面は必ずチェック
  3. ペーパー空間の考え方
  4. ビューポートの作成手順
  5. 図面を印刷する
  6. 印刷スタイルは周囲に合わせる