• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

A1サイズとA3サイズの関係

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面は、その図面の種類にもよりますが、通常はA1サイズの用紙に印刷される事が多いです。
もちろん図面によってはA3サイズがメインになる事もありますし、場合によってはA4サイズで使われる事もあります。

そのあたりは図面の種類、つまり作図対象が何なのか、という部分によって大きく違ってくる事だと思います。
例えばA3サイズにすっぽり収まってしまうような部品の図面であれば、わざわざA1サイズの図面にしたら余白が多くなるだけ。

逆に建物など大きな作図対象であれば、A3サイズでは少し用紙が小さすぎてなかなかうまいこと表現が出来ないという事にもなります。
そのあたりを考えると、作図対象の大きさによって使われる用紙サイズというのは少しずつ違ってくるのは当然の事なのかも知れません。

そのあたりを踏まえつつ、まずはA1サイズの用紙に図面を印刷する事を考えてみましょう。
A1サイズの用紙は841mm×594mmというサイズなので、結構大きめの用紙という感じで、その特徴としては以下のような点が挙げられます。

・大きいサイズなので図面が見やすい

・図面として広い範囲を表現する事が出来る

・ただし机に拡げるサイズとしては少し大きめ

・図面の扱いやすさという意味では少し使いにくい部分も

A1サイズの図面は大きくて分かりやすいというメリットがあり、その反面少し取りまわしが良くないというデメリットもある、という感じですね。
一方でA3サイズの図面が持っている特徴は、A1サイズの図面が持っている特徴のほぼ反対という感じになっています。

・小さめのサイズなので少し図面が見づらい

・机に拡げるサイズとしては適切

・持ち運びなどを考えると使いやすい

・プリンターで印刷が可能なので手軽で早い

A3サイズの図面にはこうした特徴があるので、A3サイズの用紙に印刷した図面を使う機会は結構多いのではないかと思います。

A1サイズ用紙を半分に折って、さらに半分に折ったのがA3サイズの用紙という事になります。
実際にやってみると分かりますが、A1サイズに対して横方向縦方向いずれも半分の大きさになっているのがA3サイズという感じです。

A1サイズとA3サイズの関係

この「半分」という関係が重要で、A1サイズの図面を50%縮小した図面がA3サイズの図面という関係になっているんです。
つまり、少し細かい話をすると、A1サイズで縮尺1/50の図面だとしたら、A3サイズの図面はシンプルに半分のサイズなので、縮尺1/100の図面になることに。

印刷する図面は縮尺が正確である事が求められます。
それは図面にスケールをあてて寸法を図る事があるからです。
そう言った意味では、A1サイズの縮小版としてA3サイズの図面を使う、というのは縮尺の面でも使い勝手の面でも都合が良いんですね。

やっぱり「持ち運びやすい」というのは大きなメリットなんです。

そのあたりを意識していくと、A1サイズの図面を作成している場合でも、A3サイズに縮小して使われる事も考えて作図をした方が良いという事に。
A3サイズに縮小しても読める文字や寸法である為に、オートキャド(AutoCAD)を使って作図をする側がそこを考慮した設定にしておく、という感じですね。

縮小して使う事を意識するというのはちょっと変な気もしますけど、実際に図面を使う側としては縮小して使う事が多いというのも事実です。
そうしたニーズに応えられる図面である事も重要なんですよね。

その前段階として、まず図面を描く際には「どの用紙サイズにどんな縮尺で作図をするのか」をきちんと計画しておく必要があります。

関連記事

  1. ペーパー空間の考え方
  2. ビューポートとは何か
  3. 色による印刷結果のコントロール
  4. 図面は紙に印刷して使う
  5. 図面を印刷する
  6. 完成した図面は必ずチェック