オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

作業を効率化する目的とは

このカテゴリではオートキャド(AutoCAD)で作図した図面を印刷する際に役立ちそうな話を色々と取り上げて来ました。
ちょっと細かすぎるかも知れない内容もありましたが、こうした設定を細かく積み重ねていく事で時間は短縮されていくもの。

なので地道に細かく無駄な事を省いていく事を当サイトではおすすめします。

何かひとつの画期的なやり方で大幅に効率アップ、となれば一番分かりやすくて楽なんですけど、現実はこうして小さな事を積み重ねていくしかありません。
これはどんな仕事でも同じような話だとは思いますが、一見違いがほとんどないような事を積み重ねていく事で、最終的には大きな違いを生むんです。

だけどこうした積み重ねは面倒くさいものなので、オートキャド(AutoCAD)を使っている全員がそこにこだわる訳ではありません。
そうすると、同じオートキャド(AutoCAD)を使った仕事をしている方の中でも、目に見えて分かる違いが生まれてくる。

作業を効率化していくやり方はもう本当に地味なんですけど、最終的にはその地味さが効いてきて差が出てくる。
これがオートキャド(AutoCAD)の操作を効率化していく一番のメリットではないかと思います。

少なくとも私はそうやって仕事をやってきました。
そして、これは自分で判断するのは難しいところではありますけど、それなりの評価を頂いていると思っています。
そうした評価があるので、この考え方はそれほど的外れではないかな、という気がしています。

もちろんオートキャド(AutoCAD)のスキルで他人に差を付けて内心で喜ぶ、みたいな小さな事を目指している訳ではありません。
そうではなく、仕事をしていく中でで評価されるという事はある程度報酬という目に見えるかたちで表れてくるものなので、それを目指す。

もう少しストレートに表現すると…
オートキャド(AutoCAD)を使った仕事が早くて正確だと、その評価が給料という目に見える形で表れてくるので、プロとして高い評価を得る為に頑張る、という話です。

評価と収入を高めるため

オートキャド(AutoCAD)のプロであればそこを目指すのが良いのではないか、と当サイトでは考えています。
プロであればまずは自分のスキルを出来るだけ高めて、その対価である給料を高めていく、というのは健全な事ではないかと思います。

自分の給料を上げる為に努力するのはいやらしい。
それより仕事にはもっとやりがいを求めたい。
給料だけを考えるのはギスギスするので自分らしい働き方ではない。
というような意見もあるかも知れません。

色々な意見があるのは当然のことですし、そもそも私がそうした意見を否定する立場にいないので、それを否定する意味もありませんが…
会社を経営する立場から考えてみると、目的はどうあれ自分のスキルを継続して高めていく意識を持った人を評価すると思います。

そう考えると、やりがいや自分らしい働き方を求めてスキルアップをする、という考え方でも良いのかも知れません。
仕事を頑張る為の燃料というか動機付けというのは人によって様々なはずですから、それがやりがいであっても全然問題はありません。

当サイトではその動機付けを「評価」と「給料」にしているので、「やりがい」を求める方と比べるとなんだかガツガツした印象になってしまいます…
「お金」というキーワードが入ると、どうしても良いイメージが出来ないところがありますよね。

ちょっと全然違う話になっていますけど、この話はもう少しだけ続きます。

関連記事

  1. 印刷時の設定項目
  2. 完成した図面は必ずチェック
  3. パブリッシュ=連続印刷
  4. 用紙サイズの考え方
  5. 図面を印刷する
  6. 印刷時の設定項目