オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

スプラインの具体的な使い方

オートキャド(AutoCAD)の操作を効率化して作図スピードを高めていく為に、どのようなやり方が考えられるか。
前回はそんな話を、ちょっと私の経験を交えて書いてみました。

上には上がいる…

私はその昔、自分の早さに結構自信を持っていたのですが、やっぱり上には上がいるというのは本当なんだと思い知らされました。
ちょっと懐かしいという思いもありつつ、結局CADとは違う分野で似たような事をやっている気もしています。

ちょっと出来るようになるとすぐに自信満々になる…と周囲からは思われているかも知れません。
もっと余裕を持って仕事が出来ると良いんですけど。
…と、私の話はさておき、今回こそはスプライン機能の具体的な使い方についての紹介をしていきたいと思います。

まずはスプライン機能がリボンのどこにあるのかですが、「作成▼」部分をクリックすると出てくる追加機能の部分にありました。

スプラインのボタン

これでは使いにくいのですが、ポリラインや線分などに比べると使用頻度はやや少なめなので、これくらいでも良いのかも知れません。
地形図などを作図する場合などで、もっと頻繁に使う事になるようであれば、コマンドエイリアスに登録するとか、ショートカットキーに登録するなどの検討をお勧めします。

ちなみに上記のスプラインボタンを探してみると、似たようなボタンが二つ並んでいる事がわかります。
スプラインを作成する際に、微妙に違うカーブを持つ線を引くことが出来る、という使い分けが可能になっているんです。

スプラインには「フィット」と「制御点」という使い訳があるのですが、今回は左側の「フィット」を使う事にしましょう。
スプライン機能を開始すると、まずは以下のような表示が出てきて、画面上からスプラインの開始点を指定する状態になります。

スプラインコマンドを開始した状態

ここで画面上から任意の点を指定すると、以下のような感じになります。

画面上から任意の点を指定

この状態ではまだ始点しか決めていないのでスプラインは作成されていないので、次の点を画面上から指定してあげましょう。

画面上から二点目を指定

これで二点間をフィット点とするスプラインが作成されましたが、スプラインの特徴は複数の点を通過する滑らかな曲線です。
二点だけ指定してもあまり意味がないので、もう何点かを画面上から指定しましょう。

複数の点をスプラインで指定した結果

ポリラインと同じくスプラインは「閉じる」事が出来るので、閉じた状態が上図になります。
曲線が滑らかに繋がった自由な図形を作図する事が出来ました。
どのような点を指定してこのようなスプラインが出来上がったのかというのは、作成した要素を選択すると出てくるグリップ点で確認する事が可能です。

スプラインで指定した点

これを見ると、画面上から指定した点を綺麗に曲線が通過している事が分かります。
こうした自然な曲線は人間の手が得意とする分野ではありますが、オートキャド(AutoCAD)でも結構綺麗に曲線が作図出来るんです。

このグリップ点をクリックして移動することで、形状を微調整していく事も可能なので、作成した後でも色々な形状の変更が簡単に出来ます。

グリップ点の移動も

また、グリップ点ではなく表示される「▼」をクリックする事で、もうひとつのスプライン作成方法である「制御点」に変える事も出来ます。

制御点が大きく変わった状態

これで一気に調整出来る点が変わってしまいましたが、違和感を感じたら同じような操作でフィットに戻す事も可能です。
これは実際に両方の操作を試してみると分かるとは思いますが、どちらかと言うとフィットの方が直感的に曲線を作図する事が出来ます。

制御点でスプラインを作成すると、実際に指定した点をスプラインが通らない。
これがやってみると結構な違和感なので、好みの問題もありつつも、特に問題がなければフィットを使うことをお勧めします。

関連記事

  1. 残酷な程に差が付いてしまう
  2. 作図系機能
  3. キーボードから入力
  4. 円の作図方法
  5. 作図機能の色々
  6. 塗り潰しのイメージ