• 指示を出す役割は経験者が多い
    経験が邪魔することも

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていき、あまり考えなくても作図が出来るようになること。このレベルになるには、用意されている様々な機能について知っていき、実際に作図をしていく中で慣れてい[...]

    続きを読む
  • 仕事はCADのスキルだけではなく
    スキルと仕事の優先順位

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていくためには、毎日少しずつでも勉強を積み重ねていくやり方が効率的。前回はそんな話をしましたが、これはもう何というか当たり前すぎる話で、わざわざ書くよう[...]

    続きを読む
  • スキルアップの王道
    自分のスキルだけを考えるのではなく

    AutoCAD(オートキャド)は仕事などで使っていると自然と操作などに慣れてきて、少しずつスキルアップをしていきます。これは恐らく全てのことに言える話で、慣れていった先に「自由自在」とか「熟練」み[...]

    続きを読む
  • 勉強してスキルアップ
    CADのスキルを高めるために

    当サイトではAutoCAD(オートキャド)の使い方をテーマとして、基本的な知識などについて色々と説明をしてきました。ざっくりと言ってしまうと「AutoCAD(オートキャド)を使えるようになるための[...]

    続きを読む
  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む

どの表示が良いかを考える

前回はオートキャド(AutoCAD)の作図画面を幾つか紹介して、「リボン」と「クラシック」という表示形式があると書きました。
どちらも大差ないように見えますが、ボタンの大きさなどが微妙に違う事と、リボンには色々隠れたボタンがあったりするので、使い勝手は結構違ってくるものです。

二つの画面を比較してどちらが効率良く作図が出来そうなのか、という部分について今回は考えてみたいと思っています。
ただ、今まで何度も書いているかも知れませんが、効率良く作業出来る環境は人によって少しずつ違ってくるという現実があります。

なので、ここで書く内容はあくまでも当サイトが考えている意見の一つで、それを参考にして最後は自分で検討するというやり方をお勧めします。
これは別に私の意見に対して責任を取りたくないとか、そう言った逃げ腰の話ではありません。
そもそも責任を取りたくても取れないですから…

結局は自分で考えたやり方で操作していくのが本人にとってベスト。
これが絶対に事実だという事を、今までの経験を通して知っているから、最後は自分で考えて決めて欲しいと思っています。

もちろん、そんな面倒な事はやりたくない、という意見もあると思います。
その場合は、当サイトで書いている内容をそのまま使って頂ければ、という思いもあるので私の考え方をここでは書いています。

そうすれば、仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う場合でも、それほど不便な状況にはならないはずで、仕事もはかどると思います。
仕事がはかどるのであれば、自分で悩んで決めなくても、ある程度経験を積んだプロに考えてもらうというのも選択肢の一つですから。

というようなスタンスで読んで頂くことを前提に書いていきます。
リボンとクラシックのどちらが良いかという話ですが、当サイトの考え方を先に書いてしまうと、クラシック表示の方をお勧めします。
理由は、別に分かりやすさを求めている訳ではないから。

リボン表示は分かりやすさを最優先していて、ボタンの下にどのような機能があるのかという説明までしてくれています。
例えば円弧ボタンに下にはしっかりと「円弧」と書かれている訳ですけど…

コマンド名の表示

ボタンの絵でそれはもう分かっているので、それにプラスして文字での説明とか、そこまで丁寧な説明はプロには必要ありません。
もちろん説明があっても構わない訳ですけど、必要のないものを無駄と考える場合には、こうした余計な説明は無駄という事になります。

始めてオートキャド(AutoCAD)を操作してみた方にとっては、こうした親切さがありがたく感じる事は充分に承知しているのですが…
分かりやすさで助かるのは覚えるまでの1ヶ月か2ヶ月程度ですよね。

仕事で使うのは長期間になる

仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う場合には、それから1年とか2年などの単位で継続して操作していく事になるのは間違いありません。
それなのに、最初に便利だった設定のまま使い続けるのは、やっぱり効率が良くないのではないかと当サイトでは考えています。

会社のルールや自分の生活習慣などでも「今までそうやってきたから」という理由で、あまり効率が良くない事でも続けていることは結構あります。
ちょっと極端で乱暴な意見になるかも知れませんが、最初に表示されているリボンを使い続けるというのはそうした方向なのではないか、という事です。

色々と検討した結果として、リボンもカスタマイズが可能なので、それを利用してリボンを活用していくという選択をするのはアリだと思います。
しかし「最初から使っているから」という理由で使い続けるのはお勧め出来ません。
この違いを意識すると、色々と考えるべき事が出てくる事に気がつくかも知れませんよ。

関連記事

  1. 改善の繰り返しが基本
  2. 正確な作図
  3. カラフルな状態
  4. ダブルクリック編集
  5. 色々な設定が用意されている
  6. 定規を使った作図