オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面の縮尺とは

オートキャド(AutoCAD)の操作画面と初期設定を変えていく事について、前回までの話では色々と説明をしてきました。
どのようなやり方を選択するかは人によって違っていて良いのですが、初期設定を変えていく意味と考え方については、ぜひ掴んでおいて頂きたいと思います。

このあたりのカスタマイズについて書いていくと終わりがなさそうなので、ここでは一旦カスタマイズ系の話は切り上げて次の話に進みます。
オートキャド(AutoCAD)を自分好みに色々と変えていく事に興味がある方は、カスタマイズについて説明する回もぜひ読んでみてください。

さて、今回はオートキャド(AutoCAD)で図面を作図する際に出てくる図面のルールとして「縮尺」について考えてみる事にしましょう。
まずはそもそもの話として、図面に縮尺という概念がある理由から。

図面というのは何らかの作図対象が存在していて、それをオートキャド(AutoCAD)上で実際に作ってみるという主旨があります。
建物を例にしてみると、実際に建物を造ってしまう前に、まずは図面上で建物を仮に完成させてみるというような使い方をする訳です。

建物

CAD上では作図対象をそのままのサイズで表現していくので、例えば建物であればかなりの大きさになってくることが分かります。
でもCAD上での作図領域というのは無限にありますから、その中にいくら大きなサイズのものを表現しても問題はありません。

ただ、図面はいくら大きなサイズで作図をしたとしても、現在のところは紙に印刷して使用する事になっている、という現実があります。
図面の用紙サイズはA1と呼ばれる大きさが一般的で、841mm×594mmという新聞紙よりも少し大きめの規格になっています。

その用紙サイズに対して、CAD上の仮想空間に作図された巨大なものを表現していく、という部分が縮尺について考える際のポイントになります。
建物をそのままのサイズで表現すると、とてつもなく大きなサイズになるので、ある程度縮小して図面サイズに入るように調整していくという考え方。

これが縮尺の基本になります。

もう少し具体的な数字と一緒に表現をしてみると…
例えば30m×20mの建物があったとして、それをオートキャド(AutoCAD)上で作図した場合、それをそのままのサイズでA1サイズに印刷する事は出来ません。
A1サイズは841mmで1mよりも小さいので、30mの建物が入るはずないですよね。

しかしここで縮尺という考え方が登場します。

図面の縮尺を50分の1に設定する事で、建物を実際の1/50サイズに縮小して印刷する事が出来るようになる、というのが縮尺の考え方。
なので30m/50=0.6mという計算から、600mmで建物が表現出来るようになり、その結果としてA1サイズに入るようになる訳です。

近い将来はタブレットなどを利用してデータを閲覧するやり方が主流になって、こうしたA1サイズに入るかどうかという問題は関係なくなる可能性もあります。
そうなると、データ内では文字サイズとか図面枠などの概念をなくしてしまえば良いので、縮尺という考え方も同時になくなってしまうかも知れません。

とは言っても、今の段階ではそこまでの状態にはなっていないので、縮尺を意識しながら図面を作図していく必要がある訳です。
こうした考え方がオートキャド(AutoCAD)の設定にどのような影響を与えるのか、というあたりについてはいずれ説明していく事にして…

ここではひとまずの知識として、図面にとって縮尺がどのような役割を持っているのか、というあたりについて覚えておく事にしましょう。

関連記事

  1. 地道にステップアップ
  2. 三角スケール
  3. 好みは色々ある
  4. 仕事で使うのは長期間になる
  5. 色々な設定が用意されている
  6. 選択肢は色々