オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

AutoCAD内の縮尺設定方針

図面には縮尺と呼ばれる設定があって、図面が図面として成立する為には、ある程度決められた縮尺を守っていく必要があります。
前回はそんな縮尺がなぜ存在するのか、というそもそもの話を考えてみましたが、なんとなくイメージは掴めたでしょうか。

ある程度大きなサイズの対象を図面で表現する際には、どうしても一定の割合で縮小して図面内に表現していく必要があるんです。
そうしないと、A1用紙よりも大きいサイズのものは図面に出来ないとか、ひたすら大きい用紙を用意する必要があるとか、ちょっと非現実的な話になってしまいますから。

こうして縮小した図面に対して、その大きさを測りたいという場合も時にはあると思いますが、そこで登場するのが「三角スケール」という事になります。
三角スケール、通称「三スケ」は以下のような形状になっていて、色々な縮尺にあわせたメモリがついているんです。

三角スケール

この中から適した縮尺に合わせれば、図面を縮小している分だけスケールの目盛りも縮小しているので、きちんとした数値を読む事が出来ます。
もちろん計算することによって、通常の定規でも寸法を読み取ることは出来ます。

例えば縮尺1/50の図面に対して定規で距離を測ってみたら、12cmだったとします。
一般的にはcm(センチメートル)の単位はよく利用されるので12cmと書きましたが、図面の世界ではmm単位が標準の場合が多いので、ここでは120mmという事に。
そうなると、以下のような計算式で距離を算出します。

120mm × 50 = 6000mm

元々50分の1に縮小された図面ですから、計測した距離を逆に50倍にすれば、元の寸法が分かるという理屈で、6000mmだから6mという事になります。
これは図面がどのような縮尺であっても同じで、縮小した倍率を元に戻す計算をすればOKではありますが、まあちょっと面倒ですよね。

こうした計算が手間なので、定規の目盛りを最初から同じ倍率で小さくして計測すれば簡単、という趣旨で作られたのが三角スケールという商品になります。
恐らくは仕事をしている中で必要に迫られて生まれたアイデアだと思いますが、こうした商品は本当に便利で使いやすいものです。

こうした縮尺の考え方を、AutoCAD(オートキャド)ではどのように設定するのか、という部分を考えてみると、基本的には同じ考え方で設定をしていきます。
つまり…

・モデル空間上で原寸作図する

・ペーパー空間で部分的に抜き出して縮小印刷をする

・縮尺を想定した文字や寸法の設定をしておく

というような考え方になります。
作図対象をそのままの大きさでまずは作図していく、という縮尺の基本的な考え方は前回も取り上げたので問題ないと思います。

「モデル空間」とか「ペーパー空間」などの言葉が急に出てきた感じになっていますが、これについては後ほど詳しく説明をしていきます。
もしくは上記文字をクリックして、先に説明を読んで頂いてもOKです。

AutoCAD(オートキャド)上で作図する際には、そのままのサイズで作図を進める事を基本としています。
そうしないと作図している中で色々な計算が入ってしまい、非常に面倒になることと、計算の間違いなどが考えられるので…

そうした理由でそのままのサイズでの作図になる訳ですけど、AutoCAD(オートキャド)で作図をする際には、そこで縮尺を意識しておく必要があるんです。
このあたりがCADならではの面倒なところだと思います。

ただ、多少面倒であってもこの考え方を外して作図をすることは難しいというか、後々で面倒な事になってしまうので、最初にこれをきちんと押さえておいた方が良いです。
と言うことで、次回はそうしたCAD側の設定について色々と考えてみることにします。

関連記事

  1. 色々な設定が用意されている
  2. CAD上での色の考え方
  3. 図面
  4. 仕事で使うのは長期間になる
  5. 実際の仕事は改善の連続になる
  6. 定規を使った作図