オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

CAD上での文字と縮尺の関係

前回は図面の縮尺についての考え方にプラスして、AutoCAD(オートキャド)では実際にどのような対応をするのかについて考えてみました。
要点をもう一度おさらいしてみると、以下のような考え方で進める事になります。

・モデル空間上で原寸作図する

・ペーパー空間で部分的に抜き出して縮小印刷をする

・縮尺を想定した文字や寸法の設定をしておく

この考え方自体は大きな問題ではないのですが、最後の項目がAutoCAD(オートキャド)で作図をする際には重要になってきます。
「縮尺を想定した文字や寸法」という考え方がどのようなものなのか、という事について今回は詳しく説明をしていきます。

AutoCAD(オートキャド)上では例えば建物などの大きな作図対象であっても、そのままの大きさで作図していく、という話は前回からの話で説明をしてきました。
大きく作図をしても、最終的に印刷する際に縮小して、キリの良い縮尺で(例えば1/50とか1/100など)印刷をして図面として使用する事になります。

ここで注目したい点がふたつあります。

・図面は結局いくつかの倍率で縮小されて使用される

・図面に表現される文字の大きさは縮尺にかかわらず一定

図面の縮尺によって縮小される倍率は違っていて、例えば1/50の図面であれば印刷時に1/50倍で印刷され、1/100の図面であれば1/100倍で印刷されます。
上記の例で言えば、大きさとしては倍の違いがある訳で、見た目のイメージは下図のように全然違うという事になってしまいます。

まずは縮尺1/50のイメージ。

縮尺1/50のイメージ

次に縮尺1/100のイメージ。

縮尺1/100のイメージ

ここまでは良いでしょうか。
縮尺が1/100の場合よりも1/50の方が作図対象を大きく表現する事が出来るので、より細かい部分まで図面として表現が出来る訳です。

なので、建物で言えば1部屋を細かく作図していく場合には、1/30とか1/20などの縮尺を使う事になります。
その方が作図対象をより大きく印刷することが出来るので、建物全部は入らなくなるけれど、その分だけ細かい表現が可能になる、という理屈です。

図面

ここで文字の事を考えると、図面として文字はきちんと読めなければ意味がないので、ある程度最低限の大きさというのが決まっています。
紙に印刷して2mm程度が恐らく読める限界で、それよりも小さくなると、表現はされているけれど判読することが出来ない状態になってしまいます。

通常は2.5mm程度を標準と考えると…印刷時に2.5mmだとCAD上ではどの程度の大きさで文字を記入すれば良いでしょうか。
これがAutoCAD(オートキャド)の縮尺設定で最も面倒なのですが、今までの説明を読んで頂ければ分かると思います。

最終的に2.5mmで印刷する訳ですから、印刷時の縮小倍率分だけ大きくしておく必要があって、結局は図面の縮尺によって文字の大きさが変わってしまいます。
縮尺1/50であれば125mmの文字サイズにしておく事で、1/50に縮小した際にちょうど2.5mmの文字サイズになります。

125mm × 縮尺 1/50 = 2.5mm

これを意識しておかないと、文字が大きすぎるとか、小さすぎて読めないなどの問題が発生してしまう事になります。
先ほどの説明で出した図面では、説明用に大きめの文字サイズとしていますが、「作図対象」という文字だけは大きさをあえて変えずに印刷しています。

1/100の図面では文字のサイズが小さく見える事が分かると思います。
こうした縮尺を意識した色々な設定がAutoCAD(オートキャド)には存在していて、なかなか面倒な感じになっているんです。

しかし実際に概要が掴めてしまえば、そこまで難しい話という訳でもないので、問題なく理解出来るのではないかと思っています。
ちょっと無責任な表現になってしまいますが、難しいと感じるのは最初だけですから。

関連記事

  1. 噛みつく!
  2. 地道にステップアップ
  3. 正確な作図
  4. 図面内の線
  5. 仕事で使うのは長期間になる
  6. 積み重ねの繰り返し