オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

線種の設定方法

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を作図する際に、縮尺の考え方とによって設定がどのように変わっていくのか。
そのあたりの細かい設定について前回は説明をしました。

今縮尺がいくつの図面を描いているから、文字の大きさは…とかを考えながら作図していく必要があるので、結構面倒な設定だと私も思います。
縮尺を切り替える設定があって、それに対して文字の大きさを「3mm」とかの分かりやすい数値で指定出来て、CADの内部で勝手に計算してくれれば良いのに…とも思います。

このあたりの不親切さがAutoCAD(オートキャド)の特徴なのかも知れませんが、もう少し親切になっても良いんですけどね。
ただ、こうして面倒なやり方で一度覚えてしまうと、今さら親切にされても素直に喜べないような気もしています。

図面内の線

今回はそんな縮尺にも絡んでくる話として、AutoCAD(オートキャド)の図面内で使用する線種について考えてみることにします。
これもやや面倒な部類に入る話ではありますが、面倒なのは最初だけというのも同じなので、ここでまとめて覚えておくことにしましょう。

AutoCAD(オートキャド)で図面を「新規作成」すると、以下のような感じの画面が出てきて、どのテンプレートファイルから新規作成するかを選択出来ます。

テンプレートファイル

そこで「acadiso.dwt」を選択すると、とりあえず何もない図面データが開いて、ここから作図を始めましょうという状態になります。
ただ、テンプレートファイルと言っても、いざ作図を開始してみると色々と作図するには不便であることが分かってきます。

なんだよ…

と思ってしまいそうですが、これはAutoCAD(オートキャド)側がとりあえず用意しているテンプレートなので仕方がありません。
そこは少しずつ作図する自分たちで使いやすいように設定していき、テンプレートファイルを育てていく必要があるのですが、それは少し別の話です。

最初に用意されているテンプレートファイルから作図を始めた場合、線の種類も全然用意されていない状態なので、自分で使う線種をロードする必要がある。
今回のテーマはこれです。

この図面の状態で線種がどれくらい用意されているかを調べるために、リボンの「ホーム」内にある「プロパティ」を調べてみると…

最初に使える線種

実線と「ByLayer」と「ByBlock」しかありません。
「ByLayer」は画層の線種設定によるという意味で、「ByBlock」はブロックにした場合でも線種が変えられるようにする為の設定です。

厳密に言えばこれらの設定は線種ではないので、ここに存在するのは実線だけという、図面を作図するには結構厳しい状態になっています。
それでは困るので、一番下にある「その他」をクリックして、以下のような線種管理画面から線種をロードしていきましょう。

線種のロード画面

画面右上側にある「ロード」をクリックすると、あらかじめ用意されている線種一覧の画面が出てきて、そこから好きな線種を呼び出すことが出来ます。
全部呼び出しても良いのですが、そこまでたくさんの線種は必要ないので、「Ctrl」キーを押しながらいくつかの線種を選択して「OK」をクリックです。

用意されている線種

これで厳選した線種を呼び出す事が出来ました。

線種をロードした後

線種の選択肢

それほど手間という訳ではないのですが、図面をこれから作図しようと思っている状態で、なぜ線種が実線しか用意されていないのか…
という、ちょっとネガティブな気持ちになってしまいますが、きちんと線種をロードして画層などを整えた状態のテンプレートファイルを作れば解決です。

親切とは言いがたい状況ではありますが、簡単に解消する方法はありますから、あまり気にしないで対応をしていきましょう。

関連記事

  1. カラフルな状態
  2. 座標
  3. 地道にステップアップ
  4. 建物
  5. 改善の繰り返しが基本
  6. 色々な設定が用意されている