オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

直交モードの考え方

オートキャド(AutoCAD)のコマンドを出来るだけ無駄なく実行する、という事を意識してやり方を改善し続けるのがプロの仕事です。
その為に役立ちそうな機能として、前回はコマンド入力が不要になるというダブルクリック編集機能を紹介しました。

コマンド入力という手間が省略される訳ですから、確実に一手間なくなる事になって、少なくともリボンの中からボタンを探すよりもかなり操作は楽になると思います。
これは一度使ってみると、この機能がある状態が当たり前になってしまうくらい便利で使い勝手が良い機能なので、ぜひ試してみてください。

今回は引き続きオートキャド(AutoCAD)の基本的な機能と設定についての話と言うことで、直交モードの設定について考えてみる事にします。
まずはCADではなく手描きで図面を作図する場合について考えてみると、定規を使って水平垂直の線を引いていく事になります。

フリーハンドでも図面を手早く作図することは可能ですが、余程スケッチが上手い方でない限り、なかなか見られる図面には仕上がりません。
それで苦労をするよりも定規を使って作図をした方が楽だし、なにより綺麗に仕上がるので、こうしたやり方が一般的になっています。

定規を使った作図

一方でオートキャド(AutoCAD)を使って作図する場合に、手描きで使う定規の代わりになるものが何かあるのか…
という話で登場するのが、今回取り上げる「直交モード」になります。

直交モードというのは、カーソルの動きを水平垂直に制限してくれる機能で、この機能を利用すれば水平垂直の線を簡単に引くことができます。
水平垂直の線は図面の基本ですから、この直交モードを使うことは、CADで作図をする為の必須条件だと言えるでしょう。

オートキャド(AutoCAD)に限った話ではなく、CAD全般に言える事ですが、CADは非常に正確な図面を描く事が出来るツールです。
なので、直交モードを利用しないで、画面上で見た目が水平な線を頑張って作図しても、小数点何ミリなどの正解で水平にはなっていないものです。

一見すると水平な線

上記は直交モードを使わず、カーソルを出来るだけ水平に移動させて作図した線分で、見た目は水平になっているように見えますよね。
しかし実際にこの線分のデータを詳しく見てみると…

線分の詳細データ

このように、デルタY(Y座標の増減寸法)が38mmある事が分かります。
この線は148mの長い線なので、それに対して38mmだけ水平ではない、というのは見た目として大きな影響がある訳ではありません。

しかし正確な作図をすることがCADの特徴なので、それに反するやり方をするのは絶対にやめた方が良いです。
こうした水平ではない線からさらに平行線を引いて…とかやっていく内に、もう図面の中は適当な数値だらけになってしまいますから。

そうした作図した要素に寸法を記入しようとすると、CADでは選択した点の正確な数値が自動で出ることになっているので、小数点のついた変な数値が表示される事になります。
これではCADで図面を作図するメリットが全然ないので、まずは直交モードを使うことを基本として考えましょう。

直交モードへの切り替え方は非常に簡単で、「F8」キーを押せば直交モードに、もう一度「F8」キーを押せば直交モードが解除されます。
切り替えは非常に簡単なので、頑張って自分でカーソルを水平にしようとするよりも、手間は全然少なくて済みます。

この機能は便利ですとかそう言った次元の話ではなく、図面を描くときに絶対使わなければいけない必須の機能という事になります。
全然難しい話ではなく、むしろ作図が楽になる方向の機能なので、まずは色々試して直交モードの動きを把握しておきましょう。

関連記事

  1. ダブルクリック編集
  2. 積み重ねの繰り返し
  3. 図面
  4. CAD上での色の考え方
  5. 噛みつく!
  6. 実際の仕事は改善の連続になる