オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念すぎますよね。ただ、これからAutoCAD(オートキャド)を覚えようとしている方にとって、覚え[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的には自分の知識はきっと足りないと感じて在宅勤務を諦めることになりました。今思い出してみるとかな[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く」という言葉がありますが、CADオペレーターの仕事はまさにこれです。[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面のジャンルは本当に様々です。その中でどんな図面を描いていくのか、そのための知識というのは必要に[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合であれば、当然人を募集した後は教えて成長してもらわないといけません。いずれにしても人に仕事を教[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。それが実際に自分で作図するのではなく[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来るかも知れないという「今さらそんな…」という内容に。ちょっと今までの話とは違う内容だったので、[...]

    続きを読む

人に教える立場になる場合もある

AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。
そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけではなく、もっと別の勉強が必要になってくることもあります。

それが実際に自分で作図するのではなく、誰かに依頼する側にまわることなのか、それとも人にAutoCAD(オートキャド)の操作を教える立場なのか。
あるいは作図する図面の内容についてもっと深く入っていくか、3DCADなどもっと高度なCADを覚えるようになっていくのか。

プレイヤーからプレイングマネージャーへ、もしくはマネージャーへと変わっていくか、もしくはもっと高度なプレイヤーに変わっていくか、ということですね。
そんな選択肢が現実にはありますから、なんとなくでも良いので自分の方向性を考えて、そこに向かって進んでいくことをおすすめします。

AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めていく段階であれば良いのですが、高いスキルを持つことが出来た後はどのように成長していくかを考える訳です。
周囲が成長している中で、自分はAutoCAD(オートキャド)の操作を覚えたから良いと考えていると、相対的に見て後退している場合もあるんですよね。

例えば3年後の自分が何をやっているかを想像してみて、今やっていることをそのまま継続している場合は、何か別のことにも挑戦してみた方が良いかも知れません。
そのためにはまた勉強が必要になってきますが、仕事をしていく以上はずっと勉強が必要なので、継続的に勉強する習慣を付けておくことをおすすめします。

勉強する習慣を付けると強い

例えば図面に関する資格がなにかあったとして、その資格を持っていればもう一生安泰! みたいな便利な資格は存在しません。
資格というのは本人が勉強する為のきっかけでしかないんですよね。

かなり難易度の高い「一級建築士」の資格を持っていたとしても、それを持っているだけで食べていける訳ではありません。
建物を設計する仕事をする際には当然一級建築士の資格が必要になりますが、ある意味持っていて当然の資格でもありますから。

そうした資格を持ちつつも、さらに仕事をしながら勉強していくことが結局は必要になってくる訳です。

・人に教えるために勉強する

・マネジメントについて勉強する

・作図している図面の内容を勉強する

・3DCADについて勉強する

AutoCAD(オートキャド)を覚えて仕事で使える状態になった後、パッと思いつくのは上記のようなステップです。
他にも色々あるかも知れませんけど、AutoCAD(オートキャド)のスキルを生かしてさらに別のことに挑戦するという方向性です。

特に人に教えることやマネジメントについては、きっと経験を積んできたらイヤでも勉強することになるのではないかと思います。
会社の立場で考えると、ある程度一人前と呼べるくらいの知識とスキルを身に付けた社員には、それを若い社員に教えてもらいたいと考えるのは当然ですから。

もしそうしたチャンスが来たら積極的に挑戦してみることをおすすめします。
会社もきっと色々考えているので、教える立場になる方は誰でも良いと考えている訳ではなく、間違いなく人選はしています。
その結果選ばれたのなら、恐らく適性はあると判断されたのでしょう。

人に教える立場になってみると、自分のスキルを高めることだけを考えていれば良い状況は楽だったと感じるかも知れません。
そう思ってしまうくらい上手くいかない場合が多い、ということかも知れませんが…
それが仕事の面白みでもあるので、挑戦する価値のあることだと思います。

関連記事

  1. 短時間で正確な図面を
  2. 人に教えることの難しさ
  3. 行き先は人によってそれぞれ
  4. 新しい分野の勉強をする
  5. 最後に操作以外の話も
  6. 操作スピードと年齢の関係