オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

プロの評価とお金と

AutoCAD(オートキャド)のプロとして図面を描いていく際には、どうしてもお金の事を意識しつつ効率よく仕事を進めていくことが求められます。
なぜそんなに効率よく仕事を進めてる必要があるのか、というあたりについて前回は少し考えてみました。

お金のこと(=時間のこと)を常に意識しながら仕事をするという状態には、かなり違和感を感じる方もいらっしゃるかも知れません。
別にお金の為に働いている訳ではない、という意見を持っていると、前回の話にはあまり納得がいかないのではないかと思います。

しかしそうは言っても…

お金を受け取る側は「別にお金のことは関係ない」と思っても、お金を支払う側としては関係ないとは言えないんですよね。
会社というのは業務によって利益を出し続けない限り存続する事が出来ないので、お金に対してルーズでは生き残れません。

会社としてお金にルーズになる感覚を個人で考えると「私の給料はいくらでも大丈夫です、もし問題があればゼロでもマイナスでも」と言っているようなもの。
そんな事はありえないですよね。

仕事する以上給料は無視できない

そのあたりを考えていくと、お金に対してシビアに対応していく会社というのは、とても健全な状態だと言えるでしょう。
AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く方を雇った場合でも、それによって赤字が出るようであれば、すぐに対応をしていくことを考えます。

まずは本人にもう少しスピード感を持って仕事が出来るようなスキルを教えていき、それと同時に時間がどれだけ大事な要素なのかも説明していく。
そうしてその方が育っていくのを手助けして、その成長が会社の利益に繋がっていくように出来るだけのことをやっていくはず。

そして成長を見守っていった結果、難しそうであれば残念ながら人を変えることも考えていかなければなりません。
AutoCAD(オートキャド)未経験者を雇ってスピードが遅いと感じる場合は、経験者を雇ってスピードアップを図っていく事も考える。

少なくとも私が社長であればそんな感じで対応をしていくと思います。
もちろん求人募集をかけても理想的な経験者が応募してくれるとは限りませんけど、少なくとも毎月赤字になるような状況をそのままにはしておきません。

やはり仕事としてやっている以上、ある程度コストを意識して効率よく仕事に取り組む必要がある、というのは間違いのない事実です。
仮に現状が良くない状況であれば、それを改善していき将来は良くなる可能性があるかどうかも含めて判断していく、という話でした。

どうも「お金の事を考えるのは意地汚い」という教育をされている場合が多いせいか、コストについて意識する事に嫌悪感を抱く方が結構いるような気がします。
自分の給料を高くしようと考えることにも抵抗があるとか、そうした考え方で自分の給料はいくらでも大丈夫ですと言ってみたりとか。

それはちょっと経営者にとって都合の良すぎる存在なので、会社に貢献をしているのであれば、ある程度そのリターンを受け取っても良いのではないかと思います。
やっぱりプロであればその評価は数字に見えるものである必要があって、評価が数値に表れる唯一の要素が給料ですからね。

まあこうした交渉を実際にするのはかなり難しいものがありますけど…

少なくとも、自分がオートキャド(AutoCAD)のスキルを高めた結果として、自分の給料が上がる事を意識しておく。
これはプロとして必要な要素ではないかと思います。

関連記事

  1. パソコンの設定を変えて便利に使う
  2. 人と違うことが良いわけでもない
  3. 仕事に費やす時間は膨大な量に
  4. 改善の積み重ねで差を付けていく
  5. 高いレベルを目指す
  6. まずは目的地を明確にする