オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

モデル空間という概念

さて…作図完了した図面を自分でチェックする事について、前回前々回と少し長く話を続けてしまいました。
同じような話をかなり続けてしまったので、ちょっとしつこいと感じたかも知れません。

ただ、自分で作図した図面に対して「間違っているかも」と疑いを持つ事は、仕事をやっていく中でかなり重要な意味を持っているんですよね。
どんな仕事をしていてもこれは同じだと思いますが、自分の仕事に必要以上に自信満々な人は、実際あまり仕事が出来なかったりするんですよね…

自分の仕事が「まだまだ」と思っているからこそ改善をしていくし、だからこそ成長がある訳で、それがない場合はなかなか成長するのが難しかったりします。
もちろんしっかりと出来る事をやり切った上で、自分の仕事に自信を持つことが悪い訳ではなく、何もしないで自分の能力を過信するのが危ないという話でした。

…と、これ以上続けると居酒屋で語られる「仕事とは…」みたいな鬱陶しい話になってしまうので、このあたりにしておきましょう。
今回は図面を印刷する為に必要な知識として、オートキャド(AutoCAD)に用意されている二つの空間、モデル空間とペーパー空間について考えてみる事にします。

モデル空間とペーパー空間という二つの空間は、作図と印刷をスムーズに進めるためにオートキャド(AutoCAD)が用意している概念です。
自由度の高さがオートキャド(AutoCAD)の特徴なので、それぞれの使い方は作図する側の自由ではありますが、想定された使い方というのはあります。

ざっくりと説明してしまうと…

モデル空間 → 作図をする為のメインとなる空間

ペーパー空間 → 図面を印刷する為に活用する空間(別名レイアウト空間)

という感じで使い分けていく事になります。
まずはモデル空間がどんな感じなのかを説明していくと、先ほども書いたように主に図面を描いていく為に用意されている空間です。

要するにごく普通の作図スペースとも言えます。
以前UCSやWCSなどの座標系について説明をしましたが、そうした概念も基本的にはこのモデル空間内で使われている座標系になっています。
オートキャド(AutoCAD)ではこのモデル空間に様々な図面を表現していく事になります。

オートキャド(AutoCAD)では、モデル空間に図面を表現していく際に、作図対象をそのままの大きさで表現していくという特徴があります。
例えば巨大なダムの図面を描く場合には、何十メートルもあるコンクリートをまさにそのままの大きさで表現していく事になります。

ダムもそのままのサイズで作図

これがモデル空間の大きな特徴です。

実際にオートキャド(AutoCAD)を使って作図をしてみると、作図対象をそのままの大きさで表現していくのはごく自然なことだと分かります。
例えば20mの壁をそのままの大きさで表現しない場合、作図する際にわざわざ数値を換算しながら表現していかなければなりません。

それは結構面倒な事なので、やはりそのままの大きさでモデル空間に作図対象を表現していくのが最もシンプルで分かりやすいのではないかと思います。

ただ、そうして作図した対象を図面としてまとめる事を考えると、あまりにも作図対象が大きすぎて困る事になると思います。
ダムはさすがに大きすぎるとしても、例えば建物であっても用紙サイズに納めるには大きすぎるので、そこは少し何か考えないといけません。

そうした状況で役に立つのがペーパー空間になる訳で、ペーパー空間についての説明は次回に改めて取り上げてみたいと思います。

関連記事

  1. 用紙サイズのイメージ
  2. 評価と収入を高めるため
  3. 印刷関連機能まとめ
  4. 印刷スタイルの設定
  5. ビューポート機能の復習
  6. 実際に使うプリンタは限られる