オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

ブロック名について

作成したブロックにどんな名前を付けるのが効率的なのか、というテーマで前回は説明をしていこうと思っていましたが…
結局はオートキャド(AutoCAD)のスキルを高めていく事について色々書いてしまい、話が元に戻る事がありませんでした。

少し地道な積み重ねになるかも知れませんが、毎日少しずつ自分のやり方を改善していく事によって、結果として他の方に比べて非常に高いスキルを持つ。
そして、それを自分で言わなくても周囲が認める。

それがオートキャド(AutoCAD)のプロとして理想的な状態で、それを目指していく為に当サイトの内容が少しでも役に立てれば。
そんな気持ちがあるので話が長くなってしまいました。

仕事でオートキャド(AutoCAD)を使っている以上、会社から何らかの形で作図のスピードを試される事になるはずです。
企業としては高いスキルを持っている方に働いてもらいたいと考えるし、逆にスキルの低い方を減らそうという気持ちもあります。

たくさんの方が働く中で適切な収益を出し続けなければならない企業として、働いている方のスキルを見るのは当然の事でしょう。
そして、だからこそ高いスキルを持つ方には価値があるのだと思います。

プロとして高い意識を持って少しずつ操作を改善していくというのは、やる側にとっても少し分かりづらい事ではありますが、長い目で見れば確実に効果があるものです。
そして一度身につけたスキルは余程の事がない限り錆び付いてしまう事がないので、そうしたスキルを企業は評価するのではないかと。

さて、そろそろ本題に戻って、作成したブロックに名前を付ける事について考えると…

まずは選択肢を考えてみると、分かりやすい日本語のブロック名を選択するのか、あるいはシンプルなアルファベットで構成されたブロック名にするのか、という考え方があります。

ブロック名の付け方について

日本語のブロック名を採用した場合のメリット及びデメリットは以下の点があります。

・どんなブロックなのかが名前から想像出来る

・名前が明確なので管理しやすい

・誰が見てもある程度どんなブロックなのかが伝わる

・ブロック名をキーボード入力する際には全角入力が必要なので時間がかかる

という事で、要するに一言でまとめてしまうと「分かりやすいけど少し手間がかかる」という事に尽きるのではないかと思います。
一方でブロック名をアルファベットで構成した場合のメリットとデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

・ブロック名を入力して呼び出す場合に楽

・どのようなブロック名かが判別しにくい

・ブロックが増えてくると管理が困難になる

こちらも簡単にまとめてみると「シンプルで呼び出すのが楽だけど分かりにくい」という事になり、日本語でブロック名を付ける事と正反対になります。
ブロック名を付ける方針としてどちらを採用すべきなのかを考えてみると、これは結論になっていませんが「シーン毎に使い分ける」のが正解ではないかと思います。

会社の皆で使うような汎用性があるブロックであれば、出来るだけ分かりやすい名前を付けて共有していくのが良いです。
一方で、作図中に使うような自分だけが分かれば良いブロックであれば、適当に呼び出しやすい名前を付けた方が効率的です。

これを逆にして、皆が使うブロック名が適当なアルファベットの組み合わせだと分かりにくいし、自分だけが使うブロックに分かりやすいけど長い名前を使うと不便です。
それぞれの特徴が生かせるような使い方をすると、ブロック機能が非常に便利な機能になるのではないかと思います。

関連記事

  1. ブロックがどこに保存されるか
  2. ブロック作成手順
  3. ブロック機能のまとめ
  4. ブロック書き出しによって綺麗なデータにする
  5. ブロック挿入の手順
  6. 進化した機能