オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

データを保護する最強の機能

さて。

振り返ってみるとかなり長い話になってしまいましたが、オートキャド(AutoCAD)の図面データに関する話は今回で終わりです。
まとめの話は前回で一通り網羅したので、今回は機能の紹介などの話ではなく、データについて最後に伝えたい事を書いてみます。

オートキャド(AutoCAD)のデータをうまく活用するためには、覚えておいた方が良い設定や機能は結構多いかも知れません。
しかしそれは、図面データを便利に使いこなしていく事、図面データをしっかり保護していく上で必要な知識ばかりです。

なので、非常に面倒だと感じるかも知れませんが、最初が肝心だと思ってしっかりとデータ関連の知識を積極的に仕入れてみた方が良いと思います。
そこで仕入れた知識というのは、今後オートキャド(AutoCAD)を使った仕事を円滑に進めていくために役立ってくれるはずですから。

もちろん知識だけで終わるのではなく、実際に仕事でオートキャド(AutoCAD)のデータに触れていくのも重要なことです。
必要な知識がある程度揃ったら、後は実際にやってみる事でスキルアップは進んでいくものです。

ただ、少し残念なのが…

そうやって操作や設定に慣れていったとしても、作図しているデータが何らかの原因で消えてしまうようなトラブルを避ける事は難しい、という現実があります。
いくら最初は気をつけていたとしても、慣れてくるにつれてデータ保存に神経をとがらせ続けるのが難しくなってくるものです。

そして忘れた頃に突然データ関連のトラブルというのはやってくる。
人間がやる事ですからやっぱり完璧なことなんてなくて、データ保存などの操作が当たり前になってきた頃にそうしたトラブルは発生する可能性が高くなります。

これはもう「いつか起こること」なので仕方がないと考えるしかなくて、それに対してきちんと対策が出来ているかどうかが重要になってきます。
人間の手で完全にデータを保護するのは難しいので、そこはオートキャド(AutoCAD)などの力を借りてなんとかするという考え方です。

例えば自動保存機能をしっかりと使っていれば、万が一の場合のダメージも20分程度作業が戻るだけで済むので、そこまで大きな問題にはなりません。
データのバックアップも自動的に実行するようにしておけば、ハードディスクが壊れてしまった場合でもやはり影響は限定的になります。

こうしたトラブルが発生するのは仕方がないので、それに対してどこまで想定してきちんと対策が出来ているか。
これが大事なんです。

このカテゴリで説明してきた色々なことは結局「作図したデータを保護する」という目的だけの為にあると言っても良いくらいです。
データの扱いが上手くいかず、データが消えてしまうと何時間分かそれ以上の時間を使って作業した内容が消えてしまう場合もあります。

データの保護が一番の目的

そうなる前に、最初にある程度時間をかけてでも、データに関する知識や設定などを覚えておいた方が、長い目でみると時間を有効に使っている事になるのではないかと思います。
このカテゴリで伝えたいことはこれに尽きます。

ちなみに余談ですが…

こうして「データを消さないように」みたいな説明をしつこく繰り返してきた訳ですが、そうした話をしているこの文章データをかなりの量なくしてしまいました。
前日に書いた文章のデータがあって、その続きを書こうとしてファイルを開いたら、その前日の状態のままになっていて昨日書いた文章が全然ありません。

色々データを探したものの結局見つからず…原因として考えられるのは「上書き保存を忘れた」という単純な理由だけ。
よりによって「データを守る為には知識が必要」とか偉そうな事を書いているその文章を保存していないとか恥ずかしい話です。

ただ、自分でやっておいて偉そうな事を言うようですが、こうしたびっくりするような失敗はいつでもあり得るものです。
自動保存などの色々な設定も大事なのですが、結局は定期的に上書き保存する事がデータを守る為には最も有効だという話でした。

関連記事

  1. 外部参照の問題点
  2. DXFデータ変換
  3. データ形式の違い
  4. 外部参照のパスを変更する方法
  5. 古いバージョンで図面を保存
  6. 図面データのエラーチェック