オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

DXFデータの限界と問題点

市販されている大抵のCADで読み込んだり書き出したりが出来る「dxf」というデータ形式を利用する事によって、異なる種類のCADと図面データのやりとりが出来る。
前回はそんな話と、オートキャド(AutoCAD)側でdxf形式のデータを作成、読み込む為の具体的な方法を説明しました。

かなり昔、図面を実際の紙に手で描いていた時代であれば、こうした複雑なやりとりは全く必要なかったので楽でした。
それに較べると、オートキャド(AutoCAD)は確かに便利ではありますけど、こうした作図以外の要素も知っておかなければならないので、やるべき事が増えたような気もします。

とは言え。

こうしたデータ形式が違うというCADにとって不利な部分だけを切り取って「紙の方が良いですよね」と言うのは少しフェアではないですよね。
両方を経験している私としてはどちらの良さも知っていて、その上で総合的にはやっぱりCADの方が優れていると感じています。

手描きには手描きの良さが当然ありますし、私も手描きは得意なのでかなり好きです。
でも今やっている仕事を全て手描きにした場合、今のようなペースで仕事が回せるかというと、残念ながらそうはならないです…

それに、いくら色々比較して「結局は紙ベースの図面でしょ」ってなっても、今からCADをやめて手描きに戻る事は絶対にありません。
であれば、ある程度不便な部分も飲み込みつつ、CADの便利な部分に目を向けて上手に使いこなすのが正解ではないかと思います。

こうした「昔の方が良かった」という意見は、手描きの経験が長いベテランの方、いわゆる「おじさん」に多いのですが…
そうした考え方をもったままCADを使うと、前向きに取り組んでいないせいで全然進歩しないという大きな問題があるんです。

CADの操作だけが原因で競争に敗れるというか、仕事の評価が低くなるというのは、私としては非常に勿体ないと思ってしまうんですけど…
そこまでCADは不便ではないので、考え方を切り替えて挑戦すれば良いのに、と思う事が昔は結構ありました、という話でした。

これは私自身にも言える話なので、自分への戒めとして少し説教くさい事を書いています。
当サイトを読んでいるような勉強熱心な方であれば、そうした心配は無用なのであまり気にしないでスルーして頂ければと思います。

さて、少し話が逸れてしまいましたが「dxf」形式のデータを読み込んだり書き出したりした場合の問題点について今回は考えてみましょう。

基本的に「dxf」形式のデータというのは、線分や円弧、そして文字などの情報をデータとして持っていると言われています。
急に他人事みたいな表現になってしまいましたが、私もさすがにdxfデータの内部的な話は分かっていないので、少しフワッとした話になっています。

そうなると問題になるのが、そのCAD特有の設定などがdxf形式のデータには反映されない可能性が高い、という部分です。
例えばオートキャド(AutoCAD)であれば、レイアウト空間とか外部参照などの特殊な機能がdxf形式のデータでは保存されません。

恐らく別のCADに存在するであろう便利な、しかしそのCAD特有の機能を使った要素も、dxfデータ形式になると保存されないはず。
また、それぞれのCAD毎に相性のようなものがあって、dxfデータを読み込む事は出来るものの、あまり上手いこと行ってないという事になる場合もあります。

そのあたりがデータ変換の欠点というか問題点だと言えるでしょう。
それを「dxfデータ変換は全然ダメだよな…」と思うか、もしくは「データが開けるだけでも助かります!」と思うか。
そのあたりの判断は人それぞれでしょう。

関連記事

  1. 古いバージョンが常に良い訳ではない
  2. パソコンによって絶対パスは違うので…
  3. 図面ファイルを開くコマンド
  4. 新規作成コマンド
  5. データ変換のイメージ
  6. 定期的なバックアップ