オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

図面データの変換について考える

前回までの話では、オートキャド(AutoCAD)が用意してくれている外部参照という便利な機能について色々と説明をしてきました。
この外部参照機能は非常に使い勝手が良い機能なので、覚えておいて損はないです…と言いたいところですけど、少しニュアンスは違うかも知れません。

実際の仕事でオートキャド(AutoCAD)を使う際には、もう外部参照機能を使う事が前提になっているシーンが結構多いです。
なので「知っていると便利な機能」というよりも、もう少し進んで「知っていないと仕事に支障がある機能」に近いかも…

まあそうした「皆が知っていて当然」という機能であれば、その機能について説明してくれる方も多いはずなので、全然使えなくて手も足も出ないという事にはなりにくいですが。
オートキャド(AutoCAD)のプロであれば、やはりこの外部参照機能はきちんと特徴を押さえておきたい機能ではないかと思います。

さて、そんな外部参照機能についての説明は終わりにして、今回は図面データを変換するという事について少し考えてみることにします。
図面データの変換というのはどんな意味がある事なのかというと、シンプルに「他のCADと図面データをやりとりする為に必要な操作」という感じいになります。

他のCADというのはつまり、オートキャド(AutoCAD)ではないCADの事を指しています。
オートキャド(AutoCAD)で作図した図面データを他のCADで開くか、もしくは逆に他のCADで作図した図面データをこちらで開くか。
仕事をしているとどちらのパターンもあって、それらをまとめてデータ変換と呼びます。

もの凄く当たり前の話ではありますが、世の中に存在するCADというのはオートキャド(AutoCAD)だけではありません。
もう本当にたくさんのCADが開発・販売されていて、企業としてどのCADを使って図面を描いていくのが良いかは少しずつ違ってくるものなんです。

建築の図面を作図するのに適したCAD、設備系の図面を作図するのに適したCAD、住宅系の図面を作図するのに適したCAD、というのはそれぞれ違ってきます。
また、CADというのはパソコンにインストールするソフトであって、中には無料のCADもありますが、基本的には有料である場合がほとんど。

なので、どの程度費用をかけるのかとか、自分たちが関わっている図面を作図するのに適したCADがどれか、などの判断は企業によって違ってくるんです。
その結果として、それぞれの企業によってメインで使っているCADの種類は違ってくる、という状況が出てくる事になる訳です。

でも、せっかくCADで図面を描いたのだから、別のCADで作図しているとは言っても図面データを渡したい、あるいは図面データをもらいたい。
そんな状況はもう非常にたくさん発生する事になります。

そこで登場するのが「図面データの変換」という考え方です。

データ変換のイメージ

オートキャド(AutoCAD)で言えば、今現在作図している図面データを他のCADでも読み込みが出来る状態に変換する、というイメージです。
あるいは逆に、相手から図面データを受け取る際に、オートキャド(AutoCAD)でも読み込みが出来る状態に変換してもらう、という操作。

図面データをやりとりするので「書き出し」と「読み込み」があるのは当然で、どちらか一方というのはあり得ませんよね。
そうした両方の操作を含めて「図面データの変換」と一般的には呼ばれています。

関連記事

  1. 修復コマンド
  2. データ関連機能まとめ
  3. 古いバージョンが常に良い訳ではない
  4. 古いバージョンで図面を保存
  5. 図面データのエラーチェック
  6. 定期的なバックアップ