オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

修復(RECOVER)機能の概要

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面を定期的に保存していく中で、理由は様々ですが時々エラーデータが混入してしまうことがあります。
そのエラーデータによって致命的な状況になることは滅多にありませんが、かといってそのまま放置しておくのも気持ちが悪いもの。

そんな時に活躍する機能として、エラーデータを検査して問題があればエラーを修復してくれる監査コマンドの具体的な使い方を前回は紹介しました。
監査コマンドには、単純にエラーデータを修復するという役割も当然ありますが、エラーがない健全なデータであることを確認という役割もあります。

作図した図面データを誰かに送付する際には、エラーがない綺麗な(と言うのも変な表現ではありますが…)データを送りたいもの。
これは言うまでもありませんが、作図したデータを受け取る相手に配慮しているという理由がひとつ大きな理由になっています。

しかしもうひとつ、プロとしてエラーデータを送ってくるような人だと思われないようにする、という少し自分寄りの理由も。
少し自分の事を考えすぎと思われるかも知れませんが、仕事で関わる相手にどう思われるかというのは結構重要な要素なんです。

やはりオートキャド(AutoCAD)のプロとして仕事を続けていくためには、ある程度評価されながらやっていく方が良いです。
その方が仕事をする側も気持ち良く業務に集中する事が出来るし、前向きな気持ちで仕事に取り組んだ方が絶対に上手くいきやすいですから。

そのあたりを意識していくと、やはり図面のCADデータを相手に送付する為には、出来るだけシンプルで整理されていた方が良いという事に。
もちろん作図した図面の内容がどうか、という部分の方が重要なので、エラーデータになっていないだけでは充分ではありませんが…

こうした細かい気配りを積み重ねていく事も大事な事です。
さて、今回はもう少しオートキャド(AutoCAD)のエラーデータについて考えていく事にして、修復機能を紹介していこうと思います。

オートキャド(AutoCAD)で作図した図面データ内にあるエラーデータを監査して、エラーが見つかったら修復する。
これが前回紹介した監査コマンドの概要ですが、修復機能の概要もそれと似たような感じです。

エラーデータを修復してくれるという意味では基本的に同じ機能を持っている訳ですが、では何が違うのか。
これは実際にコマンドを実行してみると分かるので、まずはコマンドの場所を確認してみると…

修復コマンドの場所

前回紹介した「監査」と同じ場所に修復コマンドは用意されています。
サブメニューとして「修復」と「外部参照とともに修復」という項目が用意されていて、外部参照をしているデータであれば後者を選択した方が良いですが、今回は「修復」を選択すると…

修復するファイルの選択

このように修復するファイルを選択する画面が表示されました。
監査では現在開いている図面データのエラーをチェックする機能で、修復はまだ開いていない図面のエラーをチェックする機能。
これが監査コマンドとの大きな違いになっています。

エラーが出ている図面データの中には、開こうとすると「エラーで開けません」みたいなメッセージが出てしまい、開く事も出来ない状態になっているデータがあります。
そうした場合には監査コマンドも使えないので、修復機能でなんとかデータを修復できないか…という感じで使っていきます。

修復コマンドを毎日使うようでは困ってしまいますが、最後の手段としてこの機能を覚えておくと助かる場合もあるので、「こんな機能もあるのか」程度に覚えておく事をお勧めします。

関連記事

  1. 名前を付けて保存
  2. dxfデータの読み込みと書き出し
  3. dwgというデータ形式
  4. 自動保存ファイルからのデータ復旧
  5. 自動で保存する機能
  6. 仕事は時間が重要になる