オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

名前削除(PURGE)の手順

画層や文字スタイルや寸法スタイルなど、作図を進める為に必要となる設定が整っているデータを元にして作図を開始する。
それによって毎回同じ設定をする必要がなくなり、結果として時間の節約や作図の効率化につながっていく。

しかしその半面、設定が必要以上に多すぎると逆に不便さが増してきて、あまりにも多すぎる設定に困るようになる可能性がある。
ちょっと極端な例ではありましたが、そんな話を前回は紹介しました。

何事も「ほどよい量」というのが便利なのであって、多ければ多い程良い訳ではない、という話でした。
特に画層の数が多すぎると、線分などを選択して画層を変更したい状況などで、膨大な選択肢の中から変更したい画層を選択する事が困難になってきます。

色々なデータを区分する為に重宝する画層機能ではありますが、流石に区分する項目は100個とかはないはずです。
画層として管理が出来て便利に使えるのは、もちろん個人の感想もありますが、多くても30個程度ではないかと思います。

しかし他の図面からデータを貼り付けるなどの操作をすると、貼り付けたデータの画層が自動的に登録されます。
それを何度か繰り返していくと、あっという間に画層の数はすごい事になってしまい、もう管理など出来ないという寂しい状態になってしまいます。

そうした状態を避けるというか解消する為に、今回紹介する「名前削除(PURGE)」機能は用意されています。
「名前削除(PURGE)」機能を実行すると、現在使われていない様々な要素を図面データの中から消してくれるんです。

現在使われていない要素を、というところがポイントで、しっかりと使っている画層や寸法スタイルなどは消さずに不要な設定のみ消してくれるという便利な機能です。
名前削除コマンドは画面左上にある「A」をクリックして表示されるメニューの「図面ユーティリティ」内に用意されています。

名前削除コマンドの場所

それほど頻繁に使うような機能ではないので、上記の場所から名前削除機能を実行しても、それほど大きな手間ではないと思います。
ただ、そうは言ってもやはり便利ではないので、私はショートカットキーの「Ctrl+P」に設定をしています。

名前削除コマンドの画面

コマンドを実行すると上図のような画面が出てきて、この画面内で様々な項目を削除していく事になります。
といっても別に複雑な検討や操作が必要な訳ではなく、単純に下側にある「すべて名前削除」をクリックすればOKです。

名前削除するかどうかの確認

そうすると上図のような画面がさらに表示されるので、「全ての項目を名前削除」をクリックすると…

名前削除コマンドを実行した際の画面に戻ってきます。
しかしもう「すべて名前削除」ボタンが押せなくなっていて、これはもう名前削除出来る項目がない、という事を意味しています。
その状態である事を確認して「閉じる」をクリックすればコマンドは完了です。

ここで「F2」キーを押してコマンドウィンドウを表示させてみると…

名前削除の結果確認

このように名前削除された要素が表示されている事がわかります。
今回のサンプルでは「acadiso.dwt」というテンプレートを使ったので、名前削除された項目が全然少ない状態ですが…

普通に作図を重ねてきた図面に対して名前削除コマンドを実行すると、かなり削除してくれる項目は多くなるはずです。
余計なデータが削除されることになるので、データ容量が減ったりもして、データを送付する際などで助かったりもします。

基本的には、図面データを誰かに送付する際には、この名前削除機能を使ってデータを整理してから送付する事をお勧めします。

関連記事

  1. dxf変換の問題点
  2. 古いバージョンが常に良い訳ではない
  3. 自動保存ファイルからのデータ復旧
  4. 外部参照機能の使い方
  5. dwgというデータ形式
  6. データの保護が一番の目的