オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

データ保存について色々考える

前回はオートキャド(AutoCAD)の図面データを保存する為のコマンド「上書き保存(QSAVE)」機能を紹介しました。
操作自体は非常にシンプルなので特に悩むような事はないはずですが、使いどころをどうするかによって作図の効率は結構変わってきます。

作図の効率が良くなるというよりも、万が一トラブルが発生した場合のダメージを出来るだけ少なく抑える、というような感じです。
本来データの保存というのはそうした使い方をするので、データを上書き保存する際のタイミングなどについて今回は少し考えてみたいと思います。

そのあたりは特に厳密なルールがある訳ではないので、私の考え方も完全な正解という訳には残念ながらいかないのですが…
今までオートキャド(AutoCAD)を使って仕事をしてきたプロの一つの意見として参考にして頂ければと思います。

まずはそもそもの話として、図面データをこまめに保存するのはなぜか、という話から。

オートキャド(AutoCAD)はパソコンにインストールするソフトである以上、電源が切れるとどうしても強制的に終了してしまいます。
そうなると今まで作図していた図面の状態は保存されていない事になってしまい、最悪の場合はその日の朝一まで図面の状態が戻ってしまう事に。

それが例えば夕方に発生したとしたら、その日にやった大半の作業が無駄になってしまうという、非常に残念というか空しい状態になります。
仕事で図面を描いている以上はある程度期限などがあるはずで、こうしたトラブルが原因で期限を守る事が出来なくなる可能性もある訳です。

そうした困った状態にならない為の予防措置として、ある程度節目節目でこまめにデータを上書き保存しておく事が重要になってくるんです。
この「こまめに」という部分が大きなポイントです。

ここでもの凄く当たり前の話をしてしまいますが…
データさえしっかりと保存しておけば、その後オートキャド(AutoCAD)を終了した場合でも、保存した状態から作図を再開する事が出来ます。

例えば14:00にパソコンの電源が落ちてしまいオートキャド(AutoCAD)が終了してしまった場合の事を考えてみます。
その日に一度もデータを保存していない場合、当然4時間程度図面の状態が元に戻ってしまい、それを取り戻す為に同じくらいの時間がかかってしまいます。

仕事は時間が重要になる

しかし昼過ぎの13:30にデータを保存していた場合、データを元の状態に戻すために必要な時間は30分程度で済みます。
これはもう当たり前の話ではありますが、全然図面を上書き保存していない場合と比べて、こまめにデータを保存する価値はかなり大きいと言えるでしょう。

今時そんなトラブルなんて起きるはずがない。

そう思う方もいらっしゃるかも知れません。
私もそう思いたいところなんですけど、実際のところこうしたトラブルというのは本当に忘れた頃にやってくるものなんです。
しかも大抵の場合は「今そうなると本当に困る」というタイミングで起こる。

こうしたトラブルはある程度仕方がない部分もあるのですが、データをこまめに保存する事によって、そのダメージを最小限に留める事が出来る訳です。
その為にやるべき事はそれほど大変ではなく、単純に要所要所で図面を上書き保存しておくだけ。

図面の密度によって違うので一概には言えませんが、図面を作図して完成まで持っていく為には結構膨大な時間と手間が必要になってきます。
それを一日の作業で完了させるのは難しい場合も多いです。

こうした長丁場の業務に取り組む訳ですから、作図データをこまめに保存しておく癖をつけておく、というのは非常に重要な要素ではないか、という話でした。

関連記事

  1. 外部参照の問題点
  2. データ関連機能まとめ
  3. 自動で保存する機能
  4. 図面ファイルを開くコマンド
  5. 外部参照機能の使い方
  6. サブスクリプションという選択肢