オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

表示関連の機能まとめ-1

さて、少し話が長くなってきましたが、オートキャド(AutoCAD)の表示関連機能についての説明は前回までで完了しました。
情報として完璧なのかというと正直微妙な部分もあって、まだ説明が足りていない部分もあるのではないかと思います。

しかし少なくともある程度の段階までは説明する事が出来ているので、後は別の部分から情報を収集してやり方を改善していければOKだと思います。
ある程度覚えたらあとは実際に仕事でオートキャド(AutoCAD)を使って覚えていく、というやり方が恐らく一番効率的なので。

完璧な状態になるまで知識を積み重ねて、一切無駄がない操作をする事を突き詰めていく、という考え方もありだとは思います。
しかしそんな事をしていたらいつまで経っても仕事を開始する事は出来ないでしょう。

漫画「ベルセルク」の主人公ガッツもこう言ってます。

ある程度知識を得たら仕事をしてみる

戦場に出る訳ではありませんけど、まずはある程度の知識を得たら、そのスキルを持って仕事で鍛えていく方が早いという事ですね。
ただ、これは確かに事実ですが私の説明が完全ではない事の理由にはならないので、もっと分かりやすい説明をしていくつもりです。

今回はそんなオートキャド(AutoCAD)の表示関連機能について、簡単にまとめておく事にしましょう。

□画層の使い方

まずはオートキャド(AutoCAD)の大きな特徴である「画層」と呼ばれる概念がありました。
色や線種などを区分する為には画層を分けておいた方が便利なので、あまり細かくなりすぎないように気を配りつつ、適切に画層管理していく事が求められています。

色によって印刷結果も違ってくるので、最終的な成果物である印刷した図面にとっては、画層で管理出来るというのは結構大きな要素だったんです。
これは線種の設定でも同様で、操作が分かりやすいかどうかはともかくとして、画層毎に色々な情報を管理出来るのは非常に便利です。

非常に使い勝手の良い機能でなので、画層一覧を表示する際には出来るだけスムーズに呼び出せるようにしておくのが良いでしょう。
選択した画層だけを表示する事や、同じく選択した画層だけを非表示にしたりフリーズにしたりなど、便利な機能もたくさん用意されています。

こうした機能を使う事によって、オートキャド(AutoCAD)での作図をスムーズに進める事が出来るようになるはずです。

□ByLayerという考え方

画層の設定には色や線種の設定があって、画層毎に細かく色と線種を設定する事が出来ます。
そして、線分や文字などの要素には「ByLayer」という概念があります。
読んだままの設定ではありますが、「ByLayer」は「それぞれの画層設定に合わせた色や線種にします」という設定です。

この設定をする事によって、その画層に入っている要素全ての色や線種を一気に変更する事が可能になります。
基本は「ByLayer」に設定しておいて、例外的な要素を個別に設定変更していく、という使い方が便利ではないかと思います。

□ByBlockという考え方

画層の設定に合わせて色や線種を決めるという「ByLayer」という設定の他に、オートキャド(AutoCAD)には「ByBlock」という設定があります。
ブロックという機能は、複数の要素を一つのかたまりとして扱う事が出来る便利な機能なのですが、色や線種を変えるのが難しいという欠点が。

しかしブロックを作成する際に設定を「ByBlock」にしておくと、ブロックにした後でも自由に色と線種を変更する事が出来ます。
これは少し地味に感じるかも知れませんが、実際に使ってみると非常に使い勝手の良い設定という事が分かります。

関連記事

  1. オブジェクトプロパティ管理
  2. まずは基本を固める
  3. 線種の設定
  4. UCSを回転させる意味とは
  5. 再作図機能
  6. 印刷結果と色の関係