オートキャド(AutoCAD)のプロになる為に

オートキャド(AutoCAD)を使って実際に図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 自動で保存する機能
    自動保存という機能

    AutoCAD(オートキャド)を使って作図した図面は「dwg」という拡張子のデータとして保存される事になります。そのデータをうっかり消してしまうと図面が消えてなくなってしまう、というのは結構普通の事で、非常に怖い事でもあります。こうした危険性についての話は、別にAutoCAD(オートキャ[...]

    続きを読む
  • 定期的なバックアップ
    万が一データが消えてしまうと…

    オートキャド(AutoCAD)で作図した図面はいわゆる「電子データ」なので、消えてしまうともう何も対処が出来ません。パソコンが壊れてしまうリスク、もう少し細かく言うとパソコン内部にあるデータを保存する部分が壊れてしまうリスクを考えると、やはりデータは万が一に備えておいた方が良い。前回はそ[...]

    続きを読む
  • データのバックアップについて考える
    データのバックアップについて

    前回は最新版のオートキャド(AutoCAD)を使う為の方法として、サブスクリプション契約について少し考えてみました。最初にまとまった金額を支払ってソフトを購入すると、その後の支払いがないので長い目で見れば安価になるかも知れません。しかしそうすると、年々そのバージョンは確実に古くなっていき[...]

    続きを読む
  • サブスクリプションという選択肢
    サブスクリプションという解決策

    新しいデータ形式に対応する事が難しくなるという理由だけではなく、オートキャド(AutoCAD)が新しく用意している機能を使う機会が得られない。古いバージョンのオートキャド(AutoCAD)を使い続けるのは、確かに慣れているからスムーズに使えるというメリットもありますが、やはりデメリットもあるもの[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンが常に良い訳ではない
    古いバージョンに合わせる場合でも…

    オートキャド(AutoCAD)を使ってどんな図面を作図するのか。それによって多少は違ってくるはずですが、ひとつのプロジェクトで必要な図面を全て一人で作図する、というような事は少ないと思います。そうなると色々な方と図面を描いていく事になって、そうなると様々なバージョンのオートキャド(Aut[...]

    続きを読む
  • 古いバージョンで図面を保存
    古いバージョンで図面を保存する

    同じオートキャド(AutoCAD)で作図した図面でも、新しいバージョンで作図したdwgデータが古いバージョンでは開けない場合があります。なぜこうした問題が発生するのかというと、毎年新しいバージョンのオートキャド(AutoCAD)が発売されるからですが…これはもう企業として当然の動きなので[...]

    続きを読む
  • データ形式の違い
    AutoCADのバージョンによるデータ形式の違い

    オートキャド(AutoCAD)以外のCADで作図された図面を読み込んだり、あるいは作図した図面を他のCADで開けるような形式で書き出したり。そうしたデータ変換には「dxf」という中間ファイル形式を利用する事になる、という話を前回までの説明では取り上げました。ただ、dxfデータ変換も完璧で[...]

    続きを読む

距離計測(MEASUREGEOM)

前回はオートキャド(AutoCAD)の画面上から二点間の距離などを調べる為のコマンドとして「DIST」を紹介しました。
少し時代遅れになりつつあるコマンドなので、これを読んでいる時点でもしかしたら存在していないコマンドになっている可能性はあります。

操作としては一番シンプルで使い勝手の良いコマンドなので、もしまだ使えるようであれば積極的に使っていきたい機能だと思います。
前回試しに適当な二点間の距離を計測した際には、以下のような結果が出ました。

長さ = 43.0513、 XY平面の角度 = 35、 XY平面からの角度 = 0
デルタ X = 35.1095、 デルタ Y = 24.9147、 デルタ Z = 0.0000

距離以外にも角度やX・Y・Z方向の増減距離などが表示されるので、距離計測の結果としては充分ではないかと思います。
デルタXが0であれば垂直な線を意味していて、デルタYが0であれば水平な線が作図出来ている事を意味している、というあたりの確認は地味に重宝します。

今回は引き続き図面内で距離を計測する場合という事で、DISTコマンドの他に用意されているやり方を紹介しておく事にします。
「DIST」コマンドがもう使えない…というような状況になった際には、不本意かも知れませんが今回紹介するやり方にシフトするしかないので。

オートキャド(AutoCAD)で距離を計測する為の機能は、「ホーム」タブ内にある「ユーティリティ」メニューに用意されています。

距離計測コマンドの場所

結構大きめのボタンが用意されていますね。
さらに、距離の計測以外にも色々な計測が可能になっていて、ボタンの下側にある▼ボタンをクリックするとさらに別の機能が選択出来ます。

様々な計測オプション

これはなかなか便利かも知れません。
とは言っても、私は残念ながら今まで一度も体積を計測した事がないので、体積計測機能がどれだけ有り難い存在なのかを説明する事が出来ませんが…
これはもう作図する図面の分野によって全然違うのでしょう。

オプションを入力 [距離(D)/半径(R)/角度(A)/面積(AR)/体積(V)] <距離(D)>: _distance
1 点目を指定:

サブメニューはさておき、計測ボタンを押してコマンドを実行すると上記のような表示が出ます。
結局は全て一つのコマンドになっていて、押したボタンによってそれぞれの項目が自動で選択されるようになっているだけでした。

結局は「DIST」コマンドと手順は一緒で、距離を計測したい一点目を画面上から指定する事になります。
距離を計測する訳ですから他のやり方は特にないという事で、画面上から一点目を指定すると、以下のような表示が出ます。

2 点目を指定 または [複数点(M)]:

ここも「DIST」コマンドと同じ流れで、複数点を指定出来る事や結局あまり使わない事まで同じような感じになります。
複数点のオブションを無視して画面上から距離を計測したい二点目を指定すると、距離情報が表示されてコマンドは完了します。

長さ = 55.8413、 XY平面の角度 = 32、 XY平面からの角度 = 0
デルタ X = 47.5759、 デルタ Y = 29.2368、 デルタ Z = 0.0000

表示される情報も全く一緒なので、別に「DIST」コマンドじゃなくても良いような気が…
ただ、今回紹介した計測機能と「DIST」コマンドで大きく違うのが、文字情報として距離や角度などが表示されるだけではなく、視覚的に分かりやすく結果が表示されるという点。

計測結果が表示される

これを「非常に分かりやすい」と思うのか、それとも「別にここまで表示してくれなくても大丈夫」と思うのか。
それによって「DIST」を使うか、あるいは「MEASUREGEOM」を使うかの選択が変わるはず。

私が「DIST」を使っているのもそのあたりを考えた結果で、その選択は人によって少しずつ違ってくると思います。
まずは両方の機能を試してみて、その後でどちらを使うかを決めるのがお勧めです。

関連記事

  1. 座標系について考える
  2. 寸法を記入する方が便利な場合も
  3. フリーズ表示などの切り替え
  4. 線種尺度の設定方法
  5. 画層機能の使い方
  6. オブジェクトを指定の画層に移動