オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

AutoCADの設定について

さて…

今まで色々とオートキャド(AutoCAD)の初期設定についての細かい話を取り上げてきましたが、そろそろ作図の機能を説明していこうと考えています。
快適に作図が出来るようにという目的で、様々な設定を調整していく事によって、業務は少しずつ無駄がなくなっていきます。

しかし、これは当たり前の話ではありますが、やっぱりCADは図面を作図してこそのツールで、実際に作図をしないまま設定だけをやっても仕方がないんですよね。
設定は作図しながらでも変更していくことは出来ますから、ある程度大まかな準備が整ったら、早速実際の作図をやった方が良いです。

ゴルフやテニスなどのスポーツで考えると、映像を何度も見てスイングの見本を研究して、実際に腕をどこの高さにして…とかを考えるのも大事ではあります。
しかしそんな研究をするよりも、何度か実際にスイングして球を打ってみる事の方が、上達のためになる場合が多いのではないでしょうか。

オートキャド(AutoCAD)もそれと同じで、設定をこうした方が効率が良さそう…とか考えていくのも良いですが、実際に自分で使ってみる方が遙かに上達は早いです。
なので、ある程度設定が整った状態になったら、あとはそれを実際に操作していく中で少しずつ改善していけば良い、という事です。

このような感じで実際に操作をしてみる方がほとんどで、設定が完璧に整うまで実際の作図はしない、という方はいないでしょう。
もしそんな方がいたとしたら、恐らく今の段階でも作図を始めることは出来ていないと思うし、今後もずっと作図にはかかれないはずです。

なぜかというと、操作の設定が完璧に整う事などないから。

オートキャド(AutoCAD)のバージョンが上がったり、自分のスキルが上がって少し操作のやり方が変わったりして、少しずつ自分やり方は変わっていきます。
そうした時間の経過などを無視して、完璧な設定を整えることを目指すのは全然現実的ではないし、それでは仕事にもなりません。

なので、実際に仕事をしながら少しずつ改善をして完璧に近付けていく。
こうした考え方をするのが現実的ではないかと思います。

実際の仕事は改善の連続になる

ここで少し仕事の改善について考えてみると、「改善し続けるのがプロの仕事です」と言うのは簡単ですが、実際には結構大変な事でもあります。
毎日使っているツールに対してずっと「もっと良いやり方はないのか」と考え続ける訳ですから、そう簡単にはいかない事は何となく想像出来るのではないかと思います。

仕事で毎日同じ事を繰り返している時には、今までのやり方を改善出来ないか? というような検討をする事は難しいものです。
別に何も新しいことをしていない訳ですから、慣れてくるとあまり考えなくても仕事が出来るような状態になってきますから。

毎日同じ事を繰り返すというのは、慣れていることなので失敗も少ないし、仕事をしても疲れないので楽だという事もあります。
でも楽をしていると改善は見つからない傾向にあるので、色々なことを試して失敗したりして、少しずつ良いやり方を見つけていくしかない。

このあたりに仕事のやり方を改善することの難しさがあるのだと思います。
偉そうなことを書いている私自身も、かなり気をつけていないと、すぐに楽な方向に向かって毎日仕事をするようになってしまいます。
仕事で楽をする為に経験を積んだのかな…と思うくらいに。

と言うことで、少し最後はお説教みたいな感じになってしまいましたが、そろそろ実際にオートキャド(AutoCAD)を使ってみましょう、という話でした。
次回のカテゴリからは、まず作図系の機能を実際に操作してみる事にしましょう。

関連記事

  1. 噛みつく!
  2. 建物
  3. 座標
  4. 改善の繰り返しが基本
  5. 好みは色々ある
  6. 地道にステップアップ