オートキャド(AutoCAD)の使い方

オートキャド(AutoCAD)の使い方や、図面を作図する為に有効な機能などを紹介します

  • 行き先は人によってそれぞれ
    最後に

    前回・前々回と少し私自身の話を続けてきました。別に苦労してスキルを身に付けましたなどの話をしたい訳ではなく、もちろん全然自慢になるような話でもないです。こんな昔の話を自慢しているようでは残念す[...]

    続きを読む
  • 新しい分野の勉強をする
    図面の専門的な知識を身につける

    AutoCAD(オートキャド)のスキルを高めた後、そのスキルを生かして在宅勤務が出来れば、満員電車に乗らなくて済むし通勤時間も有効に利用出来る。そんな思いを抱きながら仕事をしていった結果、最終的に[...]

    続きを読む
  • 在宅勤務のイメージ
    在宅勤務を目指した時代の話

    AutoCAD(オートキャド)を使った仕事がないかと探していくと、一番種類が多いのは「CADオペレーター」という仕事ではないかと思います。当サイトで何度も出てくるフレーズとして「AutoCAD(オ[...]

    続きを読む
  • 初心者がやりやすい仕事
    トレースという仕事もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描くと言っても、どんな図面を描く仕事なのかは色々な選択肢があります。建築関連なのか設備関連なのか、それとも土木関連なのか機械関連なのか…とう感じで図面の[...]

    続きを読む
  • 図面の種類は様々
    どんな種類の図面を描くのか

    仕事で経験を積んでいくと、少しずつ自分よりも若い方が会社に入ってくるようになり、若い方に仕事を教える立場になる場合も結構あります。もしくは個人事業主として仕事をしているとか、会社をやっている場合で[...]

    続きを読む
  • 勉強する習慣を付けると強い
    人に教える立場になる場合もある

    AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描く仕事にある程度目処が立ったら、その後自分がどんな方向に進んでいきたいかを考えてみる。そうすることによって、AutoCAD(オートキャド)の操作だけで[...]

    続きを読む
  • 自分が進みたい方向性
    仕事のステップアップについて

    当サイトでは、AutoCAD(オートキャド)を使って図面を描いていく方法について色々と説明をしてきました。しかし前回までの話では、AutoCAD(オートキャド)の操作スキルだけではいずれ限界が来る[...]

    続きを読む

10章 AutoCADの表示関連機能の記事一覧

手描きで点線を描くのは大変

線種尺度の考え方

図面というのは線や円、文字や寸法線など様々な要素によって構成されています。 これはAutoCAD(オートキャド)を使って作図するかどうかに関わらず、恐らく全ての図面に当てはまる事ではないかと思います。 単純に線を引いただけではその線分が何を表しているのかが分かりにくい為、文字によってその情報を補足し […]

続きを読む

まずは基本を固める

画層機能を覚えるにあたり…

オートキャド(AutoCAD)の画層に関わる機能について、少し長くなりましたが今まで色々な説明をしてきました。 説明を進めていく中で、画層については「最初に覚えるのは少し大変だけど覚えてしまえば便利な機能」というようなニュアンスの話を何回かしたと思います。 これは本当にその通りだと思っています。 ち […]

続きを読む

オブジェクトを指定の画層に移動

オブジェクトを指定の画層に移動

オートキャド(AutoCAD)で作図を進める際に「現在層」が重要な役割を果たす、という話は以前も紹介した通りです。 新規で作図する要素は全て現在層に設定している画層に入る事になる。 これが現在層という考え方なので、後々きちんと画層を分けて管理していく事を考えると、出来るだけ適切な画層を現在層にしてお […]

続きを読む

フリーズ・ロック状態を元に戻す

画層のフリーズ・ロック状態を元に戻す

画層表示をコントロールする事が出来る便利な機能で、必要な画層だけを表示させて作図や修正を進めると作業効率が結構良くなります。 これは恐らく、あまり必要がない情報を一時的に消す事で、本当に必要な情報だけにフォーカスして作業が出来るからだと思います。 もう少し単純な表現をすると「余計なものは見えない方が […]

続きを読む

表示非表示・ロックの状態を解除

画層表示・非表示の状態を元に戻す

オートキャド(AutoCAD)を使って作図をする際に、新しく作図する要素は全て「現在層」に設定してある画層に入るようになっています。 なので、どの画層を現在層に設定しておくのが効率的なのか、というあたりを考えながら作図していく事が求められます。 ただ、作図する前に画層を毎回適切に切り替えていく、とい […]

続きを読む

現在層の意味と活用

現在層の意味と便利な機能と

前回は「選択したオブジェクトの画層をフリーズ」という便利な機能を紹介しましたが、その中で少し説明していない内容が出てきました。 現在層はフリーズ出来ないというルールがあるので、この機能で選択したとしてもフリーズにはなりませんという説明をしましたが… そもそも「現在層」という考え方についての説明が出来 […]

続きを読む

画層関連の便利機能

画層関連の便利な機能

オートキャド(AutoCAD)を使って作図する図面で細かく画層を分けていくのは、作図や修正の作業をスムーズに進められるからという理由がひとつあります。 その為に用意されている画層関連の便利な機能について、前回は幾つか紹介する事が出来ました。 ・選択した要素の画層を全て非表示 ・選択した要素の画層だけ […]

続きを読む

画層関連の便利機能

画層表示の便利な機能

オートキャド(AutoCAD)が持っている画層という機能は実際にどのように使っていけば良いのか、そしてどんなシーンで役に立つのか。 というあたりの話を今までいくつか紹介してきました。 図面を構成するそれぞれの要素ごとに画層を分けていき、画層毎に色や線種などを設定する事で、印刷する図面の見映えを調整し […]

続きを読む

ByBlock設定の意味

ByBlockの考え方について

オートキャド(AutoCAD)で作図した線分や円や文字などの要素に対して、色と線種を指定していく際に「ByLayer」という考え方がある、という話を前回は紹介しました。 その「ByLayer」設定が具体的にはどのように使われるのか、というあたりも取り上げたので、画層プロパティ管理での設定とのつながり […]

続きを読む

Bylayerの使いどころ

ByLayerの具体的な使いどころ

前回は線分や文字、寸法などで色を設定する際に「ByLayer」と呼ばれる項目があって、それがどのような機能なのかについて説明をしました。 結局は画層で指定した内容にあわせて表示される、という名前通りのシンプルな機能という話でしたが… 実際にAutoCAD(オートキャド)を使ってみると、これは結構考え […]

続きを読む